癒しのコースで年間ベスト狙い!上里ゴルフ場を攻略!ラウンド報告(2022-09-05)

2022年9月5日上里ゴルフ場でのスコア画像です。ラウンド

2022年の10度目のラウンドは『上里ゴルフ場』へ。

このコースは、かれこれ19度目のラウンドとなり、自身のベストスコアとなる「79」を記録し、平均スコアも「92.2」(直近10ラウンドでは「88.6」)と非常に相性が良い。
もはやホームコースみたいなもので、各ホールのレイアウトはほぼ把握している。
約1年8ヶ月振りのこのコースでのラウンドだが、年間ベストを狙う計画で、自身で予約した(同伴者はやや抵抗があったようだが…)。

コースは、フェアウェイは広く、距離も短い初心者におすすめのやさしい設計だが、河川敷なので、風が吹き抜けるため、風次第では、難易度が一変することがある。グリーンは、河川敷にありがちなフラットなものではなく、傾斜のあるホールも多く、若干難しい。ラウンド当日の状態もそこまで重くなく、良いメンテナンス状況だった。また、今回のラウンドでは、過去に感じたことのないぐらいラフが深かった。

天候は、風も穏やかで、若干蒸し暑さはあったものの、年間ベストを狙うには、最高のコンディション。

今回のテーマは「なりふり構わないマネジメント!」
スコア目標は、「シーズンベストとなる 87 以下!」

コース側に移動してからのパット練習では、前回非常に重いグリーンだったため、感覚が鈍っているかもしれないが、ちょうど良いスピード感を感じてのスタートを迎えた。

『ラウンド報告・総括』
OUT1番ホール(319ヤード パー4)…ストレートで短いミドルホール。
①友人のアドバイスを受け入れ、久し振りに朝一から1Wをチョイス。が、、、トップ×。フェアウェイまで届かず。
②残り221ヤード。5番アイアンで大きく左へのショット×。
③残り81ヤードのバンカー越え。52度のウェッジでやや薄いショット△、手前のバンカーへ。
④バンカーの淵で、ベアグラウンドの左足上がりの難しい状況。58度のウェッジでナイスアプローチ○、3mに寄せる。
2パットのダブルボギー

OUT2番ホール(460ヤード パー5)…距離の短いロングホール。
①1Wでテンプラ気味のショット△、左サイドのラフへ。
②残り285ヤード。7番アイアンでレイアップ。左に飛び出し△、左のラフへ。
③残り98ヤード。PWでやや右へのショット△、ピンまで10mにグリーンオン。
2パットのパー

OUT3番ホール(322ヤード パー4)…左サイドに大きな木がそびえるミドルホール。
①1Wでまずまずのフェードボール▲、フェアウェイ右サイドへ。
②残り135ヤード。8番アイアンでやっとまともなショット○、12mにグリーンオン。
ファーストパットをOKの距離に寄せ、2パットのパー

OUT4番ホール(271ヤードパー4)…ワンオンも狙えるミドルホール。
①1Wでまずまずのフェードボール▲、フェアウェイの途切れたラフへ。
②残り40ヤード。58度のウェッジで距離感があわず△、かなり手前12mにグリーンオン。
ファーストパットは2mオーバーするも、返しを沈め、2パットのパー

OUT5番ホール(268ヤード パー4)…前のホールに続き、ワンオンが狙えるミドルホール。
①1Wで左への捕まったショット▲、左サイドのラフへ。
②残り71ヤード。52度のウェッジでまずまずのショット▲も、グリーンオーバー。
残り20ヤード。58度のウェッジでナイスロブショット◎、あわやチップインの10cmに寄せる。
1パットのパー

OUT6番ホール(147ヤード パー3)…左グリーン手前が池のショートホール。本日は左グリーンでプレッシャーがかかる。
①7番アイアンでスライス気味のショット▲、グリーン右サイド12mにナイスオン。
ファーストパットを2.5mショート、次のパットもショートし、3パットのボギー

OUT7番ホール(318ヤード パー4)…右OB、左にフェアウェイバンカーや木がそびえるミドルホール。
①1Wでまずまずのフェードボール▲、フェアウェイキープ。
②残り100ヤード。PWでまずまずのショット▲、7mにナイスオン。
2パットのパー

OUT8番ホール(170ヤード パー3)…ティーイングエリアの前に池が広がるショートホール。
①ややアゲンストを感じ、5番アイアンでナイスショット○、3.5mにナイスオン!
バーディーパットは決まらず、2パットのパー

OUT9番ホール(310ヤード パー4)…グリーン手前80ヤード付近に大きな木がそびえるミドルホール。
1Wでストレートのナイスショット◎、大きな木の左側をすり抜け、絶好の位置へ。
②残り66ヤード。52度のウェッジでまずまずのショット▲、8mにナイスオン!
2パットのパー

前半は『38(パー35)』で終了。出だしでショットに苦しむもなんとか凌ぎながら、ショットを調整できた。まずまずのショットを繋げ、パーオン率は「77.8%」と驚異的な数値だった。ベストスコアも狙える前半のスコアとなったが、ショットがキレキレの状態でもないので、後半はあまり期待せず、年間ベストの「87」以下に照準をあわせ、ボギープレーを目指す。

昼食休憩をはさみ、後半のスタートです。

IN10番ホール(320ヤード パー4)…左ドッグレッグのミドルホール。
①1Wで大きく左へのショット×、林の中へ。。。
②残り97ヤードで大きな木を越える高さが必要な状況。9番アイアンで、フェード気味に高さを出そうと目論むも大ダフリ×。。。
③残り30ヤードのバンカー越え。58度のウェッジで、ロブショットを選択するもシャンク×。。。
④残り20ヤード。58度のウェッジでナイスアプローチ○、1.2mに寄せる。
このアプローチを活かし、1パットのボギーで凌ぐ。

IN11番ホール(336ヤード パー4)…ロングヒッターは右OBが気になるミドルホール。
①1Wでストレートのナイスショット○、フェアウェイキープ。
②残り114ヤード。9番アイアンでダフリ×、グリーン左サイドのバンカーへ。
③バンカーから、58度のウェッジで痛恨のトップ×。。。
④残り20ヤード。58度のウェッジでまずまずロブショット▲、わずかにグリーンに届かず。
⑤残り8ヤード。58度のウェッジでまったく寄せれず△、5m残す。
2パットのトリプルボギー
何でもないフェアウェイからのセカンドショットの1つのミスが後々尾を引く。。。

IN12番ホール(318ヤード パー4)…距離の短いミドルホール。
①1Wでテンプラ気味のショット△、距離は出なかったが、フェアウェイキープ。
②残り112ヤード。9番アイアンでナイスショット○、ピンが奥でボールが見えず、オーバーかと思っていたが、グリーンへ向かうと3mに!バーディーチャンス!
絶好のバーディーパットは気合が入り過ぎ、1mオーバー。なんとか返しのパットを沈め、2パットのパー

IN13番ホール(170ヤード パー3)…距離の長いショートホール。
①ややアゲンストで、大きめの5番アイアンを選択。スライス△するも、大きめのクラブ選択が功を奏し、右サイド10mにグリーンオン。
ファーストパットを1m残すも、次のパットを沈め、2パットのパー

IN14番ホール(512ヤード パー5)…グリーンまで右側はOB、長めのロングホール。
①1Wでトップ気味のブーメランスライス△、まったく距離が出なかったが、フェアウェイキープ。
②残り325ヤード。7番アイアンでダフリ気味のショット△。
③残り169ヤード。5番アイアンで大きなスライス△、かなり右サイドへ。
④残り25ヤード。58度のウェッジでナイスロブショット○、3mに寄せる。
これを1パットで沈め、パー

IN15番ホール(337ヤード パー4)…グリーン手前に池のあるやや距離のあるミドルホール。
①1Wで大きなスライス△、フェアウェイ右サイドにぎりぎり残る。
②残り117ヤード。9番アイアンでスライス△、グリーン右サイドへ。
③残り12ヤード。パターで20cmに寄せる○。
1パットのパー

IN16番ホール(374ヤード パー4)…やや距離のあるミドルホール。
①1Wでややダフる△も、フェアウェイキープ。意外と距離も出ていた。
②残り154ヤード。6番アイアンで右へのショット△、グリーン右手前へ。
③残り15ヤード。PWの転がしで2mに寄せる△。
これを沈め、1パットのパー

IN17番ホール(595ヤード パー6)…距離があり、右側がグリーンまでOB。パー6の特殊なロングホール。
①1Wで右へのスライス△、右を大きく警戒していたので、右サイドのラフでとどまる。
②深いラフに加え、木がスタイミーな状況。安全にPWでレイアップするも、トップ×。まあフェアウェイに戻せたので良し。
③残り283ヤード。6番アイアンで痛恨のポッコリショット×。
④残り233ヤード。7番アイアンでトップ×。。。
⑤残り96ヤード。PWで薄いショット△、グリーン右手前。
残り15ヤード。PWの転がしで、イメージどおりの落とし場所と転がり◎で、チップイン!
3連続の駄目なショット×を、1つのアプローチで取り戻し、パーで凌ぐ。

IN18番ホール(139ヤード パー3)…2段グリーンが難しいショートホール。
①7番アイアンのライン出しショット○、ピン右奥4mにナイスオン!
これを決めれば、ベストスコア更新だが、下りのパット。ここは決めに行かず、距離を合わせ、確実に70台を狙うことを決意。惜しかったが、入らず、2パットのパー

後半は『41(パー37)』で終了。後半もお決まりの出だしでやらかし、11番ホールでベストスコア更新を諦めるも、その後はしのぎに凌いで、「パー」を7つ並べて終了。最終ホールのバーディーパットまでは、ベストスコア更新を意識することなくプレーできたのが、逆に好結果を生んだ。

全体では『79』とベストスコアに並ぶスコアを記録。前後半の出だしの大叩きを除くと、良いショットは少ないものの、まずまずのショットを続けられたことが、好結果につながった。最近はティーショットが、まずまずで、復調気味なので、次回も好スコアを期待したい。

6段階自己評価
1完璧、2優良、●3良、4最低限、5悪、6最悪

ご清聴ありがとうございました!

上里ゴルフ場を楽天GORAで調べる

上里ゴルフ場をじゃらんゴルフで調べる

以降は自分の覚え書きです。

『スコア目標』
「シーズンベストとなる 87 以下!」
⇒楽々クリアし、ベストスコアタイのスコアを記録。結果は大満足。

『テーマ』
「なりふり構わないマネジメント!」
⇒ティーショットの左右の狙い目や、グリーンを狙うショットの外れても良い位置はかなり意識できた。
狙い目を安全に行き過ぎた感もあり、バーディーチャンスは少なかったが。。。

『気付いたこと』
とりあえず朝一は1Wでティーショットするようにしてみる!

『ティーショット』
・1Wは、まだ左右に散るが、ブレ幅は比較的少なく、前回に続き、自分にしては良い出来だった。
(◎1、○1、▲4、△6、×2)(↑5、→6、←3)※トップ①、大つかまり①
・ショートホールのティーショット(5番アイアン2回、7番アイアン2回)は非常に良かった。
(○2、▲1、△1)(↑2、→2)

6段階自己評価
1完璧、2優良、●3良、4最低限、5悪、6最悪

『セカンドショット』
・5~7番アイアンは非常に悪かった。
(△4、×3)(↑2、→3、←2)※大つかまり①、ポッコリ①、トップ①
・8、9番アイアンは良いショットがあった。
(○2、△1、×1)(↑2、→1、←1)※大ダフリ①
・リカバリーショットは最悪の部類、続けてのミスは致命的。。。
(×2)(↑2)※大ダフリ①、トップ①

6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、●5悪、6最悪

『ウェッジ、グリーン周り』
・フルショットは、ピンには付かなかったが、大きなミスなく許容範囲内。
(▲3、△3)(↑4、→2)
・58度のウェッジはまずまず。特にロブショットは良い感じ!
(◎1、○2、▲1、△2、×1)(↑6、→1)※シャンク①
・PWの転がしは、いつもどおり。チップインは嬉しい誤算だった!
(◎1、△1)(↑2)
・バンカーは、トップがあり、駄目。。。
(○1、×1)(↑2)
・パターは、特段評価なし。
(○1)(↑1)

6段階自己評価
1完璧、2優良、●3良、4最低限、5悪、6最悪

『パット』
●ロングパットは、距離感もまずまず、ショートすることも少なく上出来!
●ショートパットでも、2m以内をすべて決めたので、ほぼ完璧。
・~1m(13/13)
・~2m(3/3)
・~3m(1/4)(↓1、↑2)
・~5m(0/3)(↑3)
・~10m(0/4)(=1、↓1、↑2)
・~15m(0/3)(↓1、↑2)

6段階自己評価
1完璧、●2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

最後まで、ご清聴ありがとうございました!

コメント