コース紹介(JGMおごせゴルフクラブ) 優秀なキャディーがサポートしてくれるコースを徹底解説。

コースのイメージ画像です。コース紹介

きっちりと教育された優秀なキャディーさんがサポートしてくれる『JGMおごせゴルフクラブ』のご紹介です。

まず、ゴルフ場へ到着すると、支配人らしき方のお出迎え。ちょっとしたことが、気分を向上させてくれますね。また、このご時世で気になる『コロナ対策』。まずクラブハウスの入り口で検温です。受付にはビニールの仕切りも設置され、十分に対策しているところが見受けられます。

コースはというと、ティーイングエリアから豪快な打ち下ろしのホールもいくつかあり、アップダウンはありますが、セカンドショット地点はフラットな箇所が多く、ショットに影響するほどではありませんでした。
フェアウェイは広いのですが、左右どちらかがOBやペナルティーとなるホールがあり、個人的には、比較的プレッシャーは感じました。深いバンカーも点在しており、戦略性も持ち合わせています。
グリーンは珍しくすべてのホールがワングリーン。ラウンドした時のグリーンスピードは遅かったのですが、芝目が効いているのか、、、とても読みづらいホールが多く、途中からはキャディーさんの言う通りにパッティングしていました(笑)。
わたくしは気にならない方なのですが、ティーイングエリアが人工芝のホールもいくつかあり、そこで評判を落とすのは少しもったいないなと感じました。

あと、キャディー付きでラウンドになると思いますので、ご一緒した方の評価です。ブラジル国籍のキャディーさんで、愛想はとても良かったです。グリーン上の読みは素晴らしいのですが、フックやスライスの表現があまり上手ではなく、聞き返すこともあり、それはそれで面白かったです。また、ティーイングエリアに、はじめはドライバーを持ってきてくれていたのですが、わたくしがドライバーをほとんど使わないので、途中からは5Wを持ってきてくれるようになりました。2度目の訪問では1度目に比べるとやや質が落ちているかなと感じましたので、人によって差はあるんだと思います。

実際にラウンドしてみて特徴的なホールと攻略方法をご紹介します。
※実際にラウンドした際の白ティー使用時の距離を記載しています。

OUT2番ホール(115ヤード パー3)
グリーンを池に囲まれたアイランドグリーンのショートホール。手前は広いですが、左右の池は見た目以上に近いため、注意が必要。
ティーショットは距離が短いため、ピンを狙いたくなるが、左右の池は見た目よりかなり近い。ピンを狙う気持ちを抑えてグリーンセンターを狙う。手前の池からグリーンまでは比較的距離があるので、手前でも良いといったショットが理想。

OUT6番ホール(496ヤード パー5)
ティーショットはフラット、セカンドからやや打ち下ろしのロングホール。
ティーショットは左サイドの崖が近く危険なため、右サイドの斜面を狙うことが必須。右へショットしても斜面を転がり落ち、フェアウェイに戻ることも。セカンドショットは左右OBになり、若干狭くなっているので、確実にやや右サイドにレイアップ。グリーンは奥に傾斜しているので、気を付けよう。

OUT7番ホール(115ヤード パー3)
谷越えで、グリーン手前に大きなバンカーが待ち構えるショートホール。
右サイドの一部を除いて、グリーン手前が大きなバンカーに囲われているため、右サイド狙いでティーショットを打とう。横長のグリーンのため、グリーンオーバーは命取りになる。

OUT9番ホール(435ヤード パー4)
豪快な打ち下ろしで距離のあるミドルホール。グリーンの右サイドは大きなバンカーに囲まれている。
ティーショットはフェアウェイが広いため、右サイドに思い切り打とう!セカンドショットは距離が残るため、グリーン右サイドのバンカーを避け、左サイドの手前でも良しとして、無理せずに攻めよう。セカンドショットを攻めすぎて、左右、奥に外すと難しいアプローチが残り、大叩きの可能性もあるので、欲張らず安全策が吉。

IN10番ホール(470ヤード パー5)
やや打ち上げのロングホール。
ティーショットは右サイドの1ペナ(崖)が近く、左サイドを狙いたくなるが、左サイドにはフェアウェイバンカーが配置されている。フェアウェイは広いため、力まずセンター狙い。セカンドショットは2オン狙いも可能だが、左右が狭くなっているため、少しでも不安があれば、レイアップを推奨する。グリーンを狙うショットでは右サイドのバンカーには細心の注意をはらって、やや左サイドから攻めよう!

IN16番ホール(531ヤード パー5)
グリーンまで打ち下ろしていくロングホール。左サイドのOB(崖)が近く、右サイドを狙いたくなるが、右サイドにもOBがあるため、注意が必要。グリーン手前の右サイドには、た、滝が流れている!
ティーショットは左サイドの崖が近いため、右サイドのフェアウェイ狙い。ただし、ティーイングエリアが右を向いているため、過度に右を狙わないこと。右サイドはやや傾斜になっているが、落ちてこない(経験者です)。。。セカンドショットは右サイドに滝があるため、左サイド狙い。距離はないが、グリーン周りは花道も狭く、深いバンカーもあるため、欲張って2オン狙いせず、レイアップすることが攻略の鍵。

IN18番ホール(424ヤード パー4)
ティーショットは豪快な打ち下ろしのミドルホール。左サイドのガードバンカーに入りやすいホール。
豪快にティーショットを打ちたくなる打ち下ろしだが、右サイドはOB、左サイドにはバンカーが配置されているため、距離より方向性を重視したクラブを選択しよう。セカンドショットもグリーン左右にバンカーが待ち受け、難しいため、手前から攻める。ボギーで十分なホールとして認識しよう!

他の情報は以下のとおり。

・楽天チェックインが利用でき、受付はスムーズに済ませます。

・ロッカールームは広く心地よくスタートできます。

・トイレも広く、とても清潔です。

・お風呂でも、コロナ対策が厳重に行われており、鍵付きのロッカーキーを入り口で配られ、指定されたロッカーを使用して、着替えます。帰りにロッカーキーを渡し、その後、十分な消毒作業が行われているようです。

・食堂でも、テーブルには仕切りが設置され、コロナ対策が徹底されています。食事はあんまり印象がなく覚えていなかったので、普通なのかと。。。

・恐らくキャディー付きでのプランしか用意されていないので、コストパフォーマンスは少し割高ですが、教育されたキャディー付きプレーを堪能したい方は是非利用してみてください。

・アクセスは関越自動車道『鶴ヶ島IC』から約13km、圏央道『鶴ヶ島IC』から約12kmと都心からのアクセス抜群です。

ご清聴ありがとうございました!

JGMおごせゴルフクラブを楽天GORAで調べる

JGMおごせゴルフクラブをじゃらんゴルフで調べる


コメント