コース紹介(北武蔵カントリークラブ) 昼食バイキングが印象的なコースを徹底解説。

北武蔵カントリークラブの画像です。コース紹介

非常に美味しい昼食バイキングが魅力的な『北武蔵カントリークラブ』のご紹介です。

また、コストパフォーマンスも抜群で、夏場には「夏の鉄人」プランなる45ホール(54ホールも可能)をラウンドする企画もあります。
さすがに体力のないわたくしは遠慮させていただきますが、体力に自信がある方はぜひ挑戦してみてください。

冒頭でご紹介したとおり、昼食はこのご時世珍しいバイキング形式でわたくしが訪問したときは「寿司フェア?」なる企画があり、お腹いっぱい食べてしまいました。その時期によって内容は違うようですが「ステーキフェア」や「麺フェア」などもあるようです。昼食だけを楽しみにこのゴルフ場を選択するのもありかなと思うぐらい満足な美味しさでした。一番美味しかったのは定番メニュの「カレー」でしたが(笑)。

コースの方は、アップダウンがかなりあり、高低差の距離感が非常に求められます。また、トリッキーで戦略的なホールが多く、方向性重視。グリーンなどのメンテナンスは非常に良かったです。

実際にラウンドした特徴的なホールと攻略方法をご紹介します。
※実際にラウンドした際の白ティー使用時の距離を記載しています。

OUT5番ホール(163ヤード パー3)
ダイナミックな打ち下ろし(約32ヤード)のショートホール。手前にはヒトデのようなバンカーが配置されている。
ティーショットはグリーンが遠くに見えるが、打ち下ろし(約32ヤード)を考慮したクラブ選択を。
手前のバンカーと左サイドは避けて、欲張らずグリーンとサブグリーンの間狙いが吉!

OUT6番ホール(397ヤード パー4)
左ドッグレッグで距離のあるミドルホール。
距離はあるが、ボギーで十分なホールと認識し、力まず、ティーショットを打とう。
左サイドのOBには十分注意して!
セカンドショットはグリーン奥のOBが近いので、手前から攻めよう。

OUT9番ホール(476ヤード パー3)
ティーショット打ち上げ、左サイドにOBが続くロングホール。
ティーショットは打ち上げだが、力まず右サイドの傾斜を利用するぐらいの気持ちで。
セカンド以降は打ち下ろし、グリーン手前のバンカーに注意して攻めていこう。

IN10番ホール(485ヤード パー5)
左サイドOBでグリーンまで打ち上げが続くロングホール。
ティーショットはフェアウェイが広いが、左サイドのOBだけ気を付けて右狙い。
セカンドショットは確実にレイアップし、得意な距離からピンをデッドに攻めていこう!

IN15番ホール(320ヤード パー4)
北武蔵カントリークラブの画像です。
豪快な打ち下ろしで距離も短いミドルホール。グリーン奥には「KMCC」の植木あり!
ティーショットは距離に自信のある方はグリーン手前まで運べるが、手前のバンカーに入る可能性が高いため、確実にレイアップを推奨する。
セカンドショットは左奥のOBに気を付け、右サイドから攻めていこう。
欲張らなければ、サービスミドルとなる!

IN18番ホール(322ヤード パー4)
約30ヤード打ち下ろしている短いミドルホール。
ティーショットは距離に自信のある方はワンオンチャレンジも可能。ただ、このホールもグリーン手前のバンカーが行く手を阻む。ここも確実にレイアップを推奨する。
セカンドショットは得意距離を残して、バーディーパットを打てる位置に乗せていこう!

他の情報は以下のとおり。

・受付は楽天チェックインで受付できます。

・利用しませんでしたが、朝カフェなるものがあり、ソフトドリンクは無料でいただけるようですので、是非ご利用ください。

・ラウンド当日、「笹生 優花」と「畑岡 奈紗」がプレーオフで戦った『全米女子オープン』の最終日で、朝の練習はできませんでした。。。ホームページの情報ですが、ドライビングレンジは11打席(110ヤード)、アプローチ&バンカー練習場も併設されているようです。

・ロッカールームは綺麗で広めです。

・残念ながら、カートにはGPSナビがないので、今後に期待しましょう!

・アクセスは関越自動車道『本庄児玉IC』より9km(約17分)、『寄居スマートIC』より10km(約21分)とインターからはやや離れています。

ご清聴ありがとうございました!

北武蔵カントリークラブを楽天GORAで調べる

北武蔵カントリークラブをじゃらんゴルフで調べる


コメント