クラブ紹介『オデッセイ ホワイトアイス(WHITE ICE ) #1』

ホワイトアイス#1の後ろからの画像です。ゴルフ用品

2017年1月に親戚から譲り受け、現在も使用中の『オデッセイ ホワイトアイス(WHITE ICE ) #1』のご紹介です。

発売時期は2009年と、かれこれ10年戦士で、このパターを譲り受けてから、投稿時点では約2年半の付き合いになります。パターはドライバーやアイアンに比べ、クラブによる性能の向上はほとんどないため、愛着のある昔のクラブを使用している方も多いと思います。わたくしもその一人になりつつあります。

はじめて使用したときの状況としては、親戚から譲り受けたその日にショートコースで使用しました。フェースの見た目はとても好きだったのですが、クラブが重いという印象で、全くタッチは合いませんでした。。。

ホワイトアイス#1のフェース画像です。

これを使用する前はテーラーメイドの『スパイダー』というネオマレット型のパターを使用していました。その前はピン型のパターを使用していて、比べた結果、ピン型の方が自分に合っていると感じており、いずれピン型の『スコッティキャメロン』の購入を検討していたので、それまでの繋ぎとして使用することにしました。

ただ、室内での練習やラウンドを重ねるにつれて、このパターが自分に合っていることに気付いてしまったのです。

ホワイトアイス#1の上からの画像です。 ホワイトアイス#1の下からの画像です。

このパターに出会う以前はパターをほどほどに物色していましたが、今ではそういった必要もなくなるほど気に入っていますし、自分のスタイルにフィットしていると感じています。

ただ、『スコッティキャメロン』のパターは少し未練が残っていて、たまーに価格はチェックしてしまうのですが…

今後はこのパターがエースパターのままかまではわかりませんが、生涯手放すことのないパターなのかなと現時点では思っています。
皆さんもそういったパターに出会えることを祈っております。

パターを変えて、気分や感覚を変えるのも一考ですが、一つのパターに絞って練習に励むのも上達の近道かもしれませんよ!

とは言いつつも『スコッティキャメロン』には未練が…

ご清聴ありがとうございました!



コメント