トーナメント開催コースの宍戸ヒルズカントリークラブ(西コース)を徹底解説。

コースのイメージ画像です。コース紹介

現時点でのわたくしの最高評価のコース『宍戸ヒルズカントリークラブ』のご紹介です。

ご存知の方もいるかと思いますが、男子ツアーのトーナメント『日本ゴルフツアー選手権』を2003年から現在まで毎年開催しているコースです。西コースがトーナメント開催コースで、わたくしは年1回ですが、2016年から毎年ラウンドしています。

なお、東コースもあり、毎回ラウンドしたいと思いつつ、結局はトーナメント開催の西コースで予約してしまいます…。ゴルフ場からも森林浴できる昔ながらの林間コースと案内されており、口コミの評価もかなり高評価です。西コースに比べ、2,000~3,000円程度リーズナブルなので、近場で何度も訪問できる方は東コースと西コースを交互にラウンドするのもお洒落かなと。

さて、西コースについてですが、毎年『日本ゴルフツアー選手権』が開催されていることもあり、とても難しく本当の実力が試されるコースに仕上がっています。

フェアウェイはそこまで広くなく、ほとんどのホールが林や池、クリークに囲まれ、ティーショットでの少しのミスがペナルティとなります。グリーン周りもバンカーや池が効いていて、セカンドショットでも気が抜けません。更にグリーンは高速で傾斜もあい重なり、乗せる場所を考える必要もあり、かなり難しいです。

コースの総距離はレギュラーティーからでも十分な距離(6,899ヤード)があります。

さらに難しさを強調してしまいますが、コースレーティング(コースの難易度の指標)はレギュラーティーでも『73.5』と国内でも最難関のコースです。
一般的なビジターのコースのレギュラーティーのコースレーティングは『66~69』ぐらいが多いです。

一打一打にプレッシャーを感じれるコースなので、ゴルフ好きの人にはチャレンジ精神が掻き立てられる最高のコースです。わたくしは毎年このコースでラウンドしていますが、大叩きして、自惚れかけた自分の実力を思い知らされます。

実際に攻略できていないので、完全な攻略方法まではご紹介できませんが、特徴的なホールに絞ってご紹介します。

OUT2番、3番のパー4
左サイドはグリーンまで池が続いています。かといって、ティーショットを右に大きく逃げるとセカンドショットで林が邪魔になったり、池の方向に狙うことになったりと難しいです。

OUT5番のパー3
グリーン手前、左サイド全体に池が隣接しており、かなりのプレッシャーを感じます。アベレージゴルファーは確実に右サイドにショットして、そこから3打で良いと割り切りボギー狙いで攻略してください。

IN10番のパー4
トーナメントではOUTの1番ホールになるらしいのですが、グリーンが奥から相当早いです。何が何でも奥には外さないクラブ選択で攻略してください。

IN12番のパー4
ティーショットの落ちる地点が見えず、セカンドショットはかなり打ち下ろしのクリーク越えになります。ティーショットは飛ばし過ぎても左足下がりのライになってしまうので、180ヤード付近に確実に刻んでフェアウェイキープです。

IN13番から18番が主にテレビ中継されるホールです。

IN13番のパー3
グリーンが大きくピンの逆サイドに乗ったら4パットも覚悟が必要です。かといって奥から早いので、ピンのあるサイドの手前において攻略しましょう!とは言うものの、下手なわたくしには無理ですが…

IN16番のパー3
距離は短いことが多いのですが、手前が池でプレッシャーを感じます。テレビ中継を見ているとプロは簡単にピンに付けてくるので、凄さを感じています。

IN17番のパー4
日本で一番難しいパー4と称されるホールです。ティーショットが少しでもブレたら3オン狙いに切り替えて攻略しましょう!グリーンも奥に付けたら、3パットは覚悟です。ですが、グリーン手前は池なので割り切りが大事です。
わたくしごとですが、1回だけパーオンしました!前述の覚悟のとおり、3パットでボギーでしたが…

他の情報は以下のとおり。全てにおいて高水準でマイナスなイメージはありません。

・スタッフの接客はかなり指導されている印象です。ビジターで行ってもおもてなしされている感じで好印象です。

・建物、ロッカー、トイレは高級感が感じられ心地良い雰囲気です。

・少し離れたところに綺麗な練習場があります。また、アプローチ練習場もあり、アプローチやバンカーの練習もできます。

昼食は定番メニューだけではなく高級感を感じるメニューもあり、美味しいです。

・お風呂は綺麗でアメニティも充実しています。また、ゴルフ場にありがちなドライヤーの風力が弱いということもありません。こういうちょっとした細かい点も抜かりなしといった点は評価に値します。

フロントで帰り支度をしている時に中嶋常幸に会ったことがあります。このゴルフ場のグループでアカデミーをやっているようです。

コストパフォーマンスは近場の人以外は決して良いとは言えません。ただし、このコースに限っては高いお金を支払ってラウンドする価値があると思います。

・北関東自動車道『友部IC』から3km、常磐自動車道『岩間IC』から9km程度とインターからの距離は遠くありません。

・キャディーは残念なことに当たり外れがあります。教育はしっかりしているので、グリーンの読みはどなたでもほぼ問題ないですが、愛想だったり、それ以外の部分ですね。トータル4回ラウンドしましたが『大当たり』→『はずれ』→『ややはずれ』→『それなり』といった感想です。

ご清聴ありがとうごさいました!

宍戸ヒルズカントリークラブを楽天GORAで調べる

コメント