寄居カントリークラブを攻略せよ!ラウンド報告(2019-08-26)

8月26日寄居カントリークラブでのスコア画像です。ラウンド

2019年11度目のラウンドは『寄居カントリークラブ』へ。

このコースでは過去2回ラウンドしており、スコアは昨年12月に「94」、2016年8月に「93」と苦手でも得意でもないコースです。過去の印象としては難しいイメージがありますが。。。

今回は来月開催予定の大人数コンペ(10組ぐらい?)の練習ラウンドということでリラックスした状態で臨めそう。また練習ラウンドにもかかわらず、14名の参加ということで一応コンペ形式での開催となりました。

いつもどおり、ドライビングレンジでの練習はせず、アプローチ練習場と練習グリーンで少し練習。感触は以前ラウンドした時に比べると予想以上にグリーンが重い印象でした。。。

今回もスコア目標はたてていませんが、練習場ではアイアンショットでのハーフスイングのライン出しの感覚がとても良かったので、そのスイングで全てのホールをラウンドしてみようと、初めて試みました。

いざスタートです。

『ラウンド報告・総括』

10番ホール(415ヤード パー4)…左ドッグレッグの打下しのミドルホール。
①6番アイアンでやや右のラフ▲。
②残り218ヤード。ラフが深いため、7番アイアンでレイアップも若干ダフる△。。。
③残り110ヤード。左足下がりの状況だったが、PWでグリーンオン○。
約10mのパットを1.5mショートするも、、、2パット目を沈め、なんとか、ボギー

11番ホール(534ヤード パー5)…距離のあるフラットなロングホール。
1Wでナイスショット◎でフェアウェイキープ。
※同伴者より50cmだけ先に飛んで、ぎりぎりでドラコンゲット!
②残り255ヤード。7番アイアンでレイアップ◎
③残り110ヤード。PWでまずまずのショット▲もグリーンオーバー。
※2打目、3打目のショットを今振り返ると3打目の残り距離の計測誤りな気がしている。。。
④58度のウェッジでまずまずの寄せ▲。
1パット目をまたもやショートし、2パットのボギー

12番ホール(402ヤード パー4)…1打目地点のフェアウェイが狭く、距離のあるミドルホール。
①悩んだ末に1Wを握り、大きく右へプッシュアウト△。隣のコースにもボールはなく、OB(ロスト)扱い。
④プレイング4から、52度のウェッジでショート▲。
⑤58度のウェッジで2mに寄せる○。
1パット目をまたもやショートし、2パットのトリプルボギー

13番ホール(391ヤードパー4)…やや右ドッグレッグのミドルホール。
①1Wでつかまりすぎて△左の林へ。木に当たり、ラッキーにもFWキープ。
②8番アイアンで右へ外す▲。
③パターで寄せる▲。
1パット目を4ホール連続となるショートで、2パットのボギー

14番ホール(151ヤード パー3)…バンカーに囲まれ、OBも近いショートホール。
①8番アイアンで右のバンカーへ▲。
②58度のウェッジで無難にグリーンオン▲。
2パットのボギー

15番ホール(337ヤード パー4)…打下しで距離はないが、ティーショットの落とし場所が難しい左ドッグレッグのミドルホール。
①1Wで左へ△。木に当たり、左のラフへ。
②9番アイアンでやや右だったがナイスオン▲。
3パット。。。のボギー

16番ホール(386ヤード パー4)…グリーン手前に池が待ち構えるミドルホール。
①1Wで右へ△。真っ直ぐのナイスショットだったら池に入りそうな距離だったので、結果的にはラッキーだった。
②深いラフから手前の池だけは入れまいと警戒して大きめに打ったが、大オーバー▲。
③左足下がりの難しいライから52度のウェッジでワンクッションを狙うもショート△。
④58度のウェッジで寄せ▲、2パットのダブルボギー

17番ホール(534ヤード パー5)…距離があり、グリーン手前に池のあるロングホール。
①1Wでやや強振し、良い当たり○だったが右のラフへ。
②池の手前にPWでレイアップのつもりがシャンク×。。。
③9番アイアンでまたしてもシャンク×。。。
④PWでまずまずのショット▲もグリーン左。
⑤64度で寄せ○、1パットのボギー

18番ホール(184ヤード パー3)…やや打上げの距離のあるショートホール。
①4番アイアンで捕った良いショット▲もグリーン左に外す。
左足下がりベアグラウンドの難しい状況から、52度のウェッジでワンクッションさせ、イメージどおりの寄せ◎
2パットのボギー

前半は『48』で終了。アイアンショットでのハーフショットが練習場とは大きく異なり、全くキレのないショットばかりで満足いかないゴルフ。それ以上にパットがほぼショートという部分は大きな反省点。。。久しぶりのハーフ「50」以上も気にしながらの前半となってしまった。後半は巻き返したい。

ですが、、、後半スタート前に事件勃発。。。自分の組ではない友人が酒に酔い、行方不明。。。その組は友人抜きで既にスタートしたとのこと。10数分捜索したが、見つからず。。。車では来ていないので、とりあえずそのまま帰ることはできないと判断し、スタートすることに。

1番ホール(400ヤード パー4)…打下しのミドルホール。
①1Wで捕まった良い当たり○も、左のラフへ。
②左の深いラフから58度のウェッジでダフり△。
③64度のウェッジでナイスオン○。
2パットのボギー

2番ホール(366ヤード パー4)…距離のないミドルホール。
1Wでナイスショット◎
②58度のウェッジでナイスオン○。
1パット目をショートし、、、2パットのパー

3番ホール(135ヤード パー3)…手前が池のショートホール。
①PWでトップ気味△にグリーン右へ。
②64度のウェッジで寄せ▲、2パットのボギー

4番ホール(510ヤード パー5)…距離の短いロングホール。
1Wでナイスショット◎
②残り230ヤード。3Wで2オンを狙うもチョロ×。。。
③右ラフから52度のウェッジでシャンク×。。。
④ラフから64度のウェッジでシャンク×。。。
⑤64度のウェッジでショート△。
⑥58度のウェッジで寄せきれず△、2パットのトリプルボギー

5番ホール(375ヤード パー4)…左右を林にセパレートされたミドルホール。
①1Wでまずまずのフェードボール○。
②58度のウェッジでナイスオン▲。
2パットのパー

6番ホール(394ヤード パー4)…やや打上げのミドルホール。
①1Wでややスライス▲、右ラフへ。
②8番アイアンでまずまずのショット▲も、右バンカーへ
③バンカーから58度のウェッジでダフり△、脱出失敗。。。
④再度、バンカーから64度のウェッジでナイスアウト○。
2パットのダブルボギー

7番ホール(397ヤード パー4)…距離のあるミドルホール。
①1Wで左へ△、木に当たりなんとか林の中に残りラッキー。
②林の中から6番アイアンで低いフックをイメージするもダフり△。
③深いラフから52度のウェッジでトップ×。。。
④グリーン奥を探すもなかなか見つからず、諦めかけた頃に深いラフの中で見つかった。その深いラフから64度のウェッジでショート△。
⑤64度のウェッジでナイスロブショット○。
2パットのトリプルボギー

8番ホール(149ヤード パー3)…手前が崖になっているショートホール。
①8番アイアンで良いショット○もグリーン左手前。
②58度で寄せ▲、1パットのパー

9番ホール(514ヤード パー5)…1打目付近が急劇に打下し、グリーンまでは打上げが続くロングホール。
1Wでナイスショット◎
②残り180ヤードの打上げ、左足下がりで球が上がらない状況で5番アイアンを選択し、低い球でグリーン手前まで運ぶ▲。
③58度のウェッジでまずまずの寄せ。
約4mのバーディパットも本日を象徴するショート。OKパー

後半は『46』で終了。前半に比べるとティーショットが良くなり、セカンドが短いクラブで打てたおかげもあり、少し救いだった。ただ、パットについては重いとわかっていながら、ショートしてしまうという情けないことの繰り返しは大きな反省点であった。

全体で『94』と最後の連続パーでシーズンワーストは回避できたが、前回に比べると非常に内容の悪いラウンドとなってしまった。まあ1か月半振りのラウンドということで仕方なし、、、と自分を慰めるのが精一杯でした。

と、話は変わりまして、前半で失踪した友人の行方はといいますと。。。スタートホールの近くの小屋で寝ていたとのこと。ゴルファーとして、とてもお恥ずかしい友人の行動をお許しくださいませ。楽しくやっているので、なかなか言い辛いですが、今回の件は厳しく受け止め、注意していきたいと思っています。

また、コンペの結果はというと、またしても『優勝』!

それにしても今年のコンペの順位が凄いことになっています。
『準優勝(18名)』→『準優勝(34名)』→『優勝(29名)』→『優勝(8名)』→『優勝(14名)』!
今年のわたくしは(運を)持ちすぎていて、怖いです…

6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

ご清聴ありがとうございました!

寄居カントリークラブを楽天GORAで調べる

寄居カントリークラブをじゃらんゴルフで調べる

以降は自分の覚え書きです。

『テーマ』
・アイアンショットはハーフショットのライン出し。

『気付いたこと』
・アイアンはきっちり打たない(打つ意識がない)と駄目。
・ハーフショットはラウンドになるとインパクトで力が入り手で打ちにいってしまう。

『ティーショット』
・1Wは良いショットがいくつかあった。悪いショットもあったが。。。
・ショートのアイアンはほぼ右で良くなかった。
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

『セカンドショット』
・右に行くことが多く、ほぼほぼ駄目。
・ラフからのシャンク多発。。。
・ロングアイアンは一度使用してまずまず。
・3Wはやはり駄目。
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

『ウェッジ』
・フルショットの距離は及第点。
・グリーン周りは相変わらずビタッと寄らない。
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

『パット』
・ほとんどがショート。
・ロングパットの距離感はまあまあ。
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

最後まで、ご清聴ありがとうございました!



コメント