玉村ゴルフ場の硬い高麗グリーンを攻略できたか?ラウンド報告(2019-05-19)

5月19日玉村ゴルフ場でのスコア画像です。ラウンド

2019年6度目の令和初ラウンドは『玉村ゴルフ場』へ。
初ラウンドとなるこのコースは以前から気になっていましたが、なかなかラウンドする機会がありませんでした。今回は幹事でもないのに自分で予約して、提案し念願がかないました!

事前にレイアウトを見る限りではそこまで狭くなく、簡単そうな雰囲気があったので、結果的にシーズンベストの『86』を最低目標、80台前半でのラウンドができれば…といった目標としておきます。

また、本日はかれこれ第30回を迎えた中学の同級生との年2回の定例コンペ。参加人数は今回は8名…少なくなりつつありますが、気兼ねなくラウンドできるメンバーです。

なお、このコースのグリーンは高麗芝とバミューダ芝があり、今回は高麗芝でのラウンド。未経験のバミューダ芝も経験してみたかったが、メンテ中とのことでまたの機会に。

パット練習はほとんどできなかったので、不安はありつつも、いざOUTからのスタートです。
さてさて結果は如何に…

『ラウンド報告・総括』

1番ホール(パー5)…林間コース風のロングホール。フェアウェイが広く感じたので、朝一から珍しく1Wを選択。これが左に飛び出し、林に捕まる△。2打目は3Wで低い球でほぼ出すだけ△。3打目は7番アイアンでレイアップ○。4打目は58度でグリーンを捉えたかと思いきやグリーンが硬く、オーバー○。パターで寄せ、1パットのボギーでのスタートです。

2番ホール(パー3)…短いショートホール。ティーショットはPWでほぼ理想通りのコントロールショット○、がグリーンに止まらずオーバー。パターで寄せるも、2パットのボギー

3番ホール(パー4)…ティーショットは1Wでダフってしまうもフェアウェイキープ▲。2打目は9番アイアンでグリーン横へ▲。64度のウェッジであまり寄らず△、2パットのボギー

4番ホール(パー4)…ティーショットは1Wで左の林へ△。サブグリーン方向に隙間があり、6番アイアンで低くおさえた弾道でナイスリカバリーショット◎だったが、ややサブグリーンをオーバー。硬いグリーンを意識して、ウェッジでの寄せをショート△。4打目をグリーンに乗せ▲、2パットのダブルボギー

5番ホール(パー4)…距離の短いミドルホール。ティーショットは4番アイアンで納得のナイスショット◎。(計測するとほぼ無風の中、なんと215ヤードも飛んでいました!)2打目は58度のウェッジで手前からを意識してナイスショット○のパーオン。想定より奥に転がっていたが、2パットのパー

6番ホール(パー5)…ティーショットは1Wでフェアウェイキープ○。7番アイアンでレイアップし▲、ウェッジでパーオン○。2パットのパー

7番ホール(パー4)…覚えていません。3Wでミスショット△、ボギーオンの2パットのボギー

8番ホール(パー3)…ティーショットは7番アイアンで良いショットだったが、アゲンストに押し戻され。ショート○。2打目をウェッジでグリーン乗せ▲、2パットのボギー

9番ホール(パー4)…ティーショットは1Wで右の林の中へ△。2打目は6番アイアンで低い球でグリーン近くまで○。ウェッジでグリーンオンさせ▲、2パットのボギー

前半は『44』で終了。大きなミスは少なかったが、グリーンの硬さに戸惑いが生じた前半であった。林の中からはうまくリカバリーできた。直近5回のハンデキャップ戦で、昼休憩で周りのみんなのスコアを聞くと、ハンデキャップが少ないので、8人中4位。グロスでは2位。まあ、優勝を狙えるハンデではないので、意識はせず、後半へ。

10番ホール(パー4)…距離があり若干左ドッグレッグの難しいミドルホール。ティーショットは1Wで本日一番飛距離の出たショット(255ヤード)でフェアウェイへ○。2打目は絶好の場所からウェッジでグリーンを狙うも大ダフリ×。3打目はグリーンの硬さを意識しすぎてショートしてカラーへ△。パターでチップインのパー。絶好の滑り出し!

11番ホール(パー5)…大きく左ドッグレッグしていてティーショットの落下地点の距離感がつかめないロングホール。ティーショットはアゲンストだったので、1Wではなく2Wを選択したが、かなり力んでプッシュアウトスライスの最悪のミス×。なんとか右の林の中に残り、2打目は前に僅かなスペースがあり、6番アイアンでギャンブルショットを選択するも木にアタリ、脱出できず×。3打目も6番アイアンで低い弾道で林から脱出するもバンカーへ▲。4打目はバンカーからウェッジでグリーンを狙うも手前に入りあまり飛ばず…△。5打目はウェッジでカラーまで▲。グリーンに乗せ、2パットのトリプルボギー

やはり『×』のショットを2つ続けるとスコアは悪くなる…猛省!!!

12番ホール(パー3)…距離の短いミドルホール。1打目は4番アイアンでまずまずのショット○。2打目は52度のウェッジで久し振りのパーフェクトショット◎。グリーンに行ってみるとピン横60cmのベタピン。(手前に落として転がすイメージはあったのですが、正直ここまで寄るとは…)もちろん1パットで沈めバーディー

13番ホール(パー4)…覚えていません。1Wで林の中△?、レイアップし、ボギーオンの2パットのボギー

14番ホール(パー3)…右サイドに木がそびえるショートホール。ティーショットは9番アイアンでライン出しの良いショット○もグリーン手前。ウェッジでグリーンに乗せ▲、2パットのボギー

15番ホール(パー5)…距離のあるロングホール。ティーショットは1Wで左の林へ△。2打目は右の林へ△。3打目をレイアップし▲、ウェッジでボギーオン▲。2パットのボギー

16番ホール(パー3)…ティーショットはPWでグリーン右へ▲。パターで寄せ、1パットのパー

17番ホール(パー4)…やや距離のあるミドルホール。ティーショットは2Wで右の林へ△。2打目は出すだけ▲、3打目をグリーンに乗せ▲、2パットのボギー

18番ホール(パー4)…左サイドはOB、右サイドは林と距離はないが、方向性を求められるミドルホール。ティーショットは本日調子の良い4番アイアンでフェアウェイキープを狙うも…あたりが悪く右のラフへ△。2打目は左サイドのOBが近いため、8番アイアンで右のサブグリーンを狙い、見事にサブグリーンにオン▲。。。3打目が寄らず△、4打目をカラーから寄せ○、1パットのボギー

後半は『43』で終了。パットが12パットと良いスタッツに見えるが、ほとんどがグリーン周りからの寄せなので、そこまで助けられた感じはない。11番のトリプルボギーは悔やまれるもののすぐに立ち直った点は良しとしよう。

全体で『87』と最低目標に1打届かなかったもののグリーンの想定外の硬さを考えるとまずまずだったのかなと。8名のコンペの中でしたが、ベストグロスも取れたし、ハンデキャップ戦で優勝は無理と思っていましたが、「0.2」打差の優勝!!!

それにしても今年のコンペの順位が凄いことになっています。
『準優勝(18名)』→『準優勝(34名)』→『優勝(29名)』→『優勝(8名)』!
今年のわたくしは(運を)持っている!

6段階自己評価
1完璧、2優良、●3良、4最低限、5悪、6最悪

ご清聴ありがとうございました!

玉村ゴルフ場を楽天GORAで調べる

以降は自分の覚え書きです。

『テーマ』
・胸でボールを見るイメージ。
・バックスイングは三角形、ややコックを意識し、体重移動と捻転で。

『気付いたこと』
・ウェッジはバックスイングを考えずインパクトに集中すると良い球が出た。

『ティーショット』
・1W(2W、3W)はほとんど駄目。
・4番アイアンで良いショットが打てた。
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

『セカンドショット』
・アイアンはまずまず良かったのかなと。
・6番アイアンの低めに抑えたショットはリカバリだけでなくフェアウェイからも使えるかも。
6段階自己評価
1完璧、2優良、●3良、4最低限、5悪、6最悪

『ウェッジ』
・フルショットはバックスイングを意識せずインパクトに集中すると良い球が出た。
・グリーン周りはあまり良くなかった。
6段階自己評価
1完璧、2優良、●3良、4最低限、5悪、6最悪

『パット』
・ショートパットはつまらないミスはなかった。
・ロングパットの距離感も良かった。
6段階自己評価
1完璧、2優良、●3良、4最低限、5悪、6最悪

最後まで、ご清聴ありがとうございました!



コメント