フェアウェイが広々とした大麻生ゴルフ場を攻略せよ!ラウンド報告(2020-03-09)

2020年3月9日大麻生ゴルフ場でのスコア画像です。ラウンド

2020年5度目のラウンドは『大麻生ゴルフ場』へ。

さいたまリバーフロンティアに属する4つのコースのうちの一つで、他の3コース(吉見ゴルフ場上里ゴルフ場、妻沼ゴルフ場)はすでにラウンド済み。最後の一つとなるこのコースをずーっとラウンドしたいと思っていましたが、遂に念願が叶いました。
なお、自身のベストスコアの『79』はさいたまリバーフロンティアのコースである吉見ゴルフ場、上里ゴルフ場で1度ずつ記録しており、この相性の良さを活かし、好スコアを記録したいところ。

ゴルフ場に到着すると良い意味でゴルフ場らしくない綺麗な建物で、まるで公共施設のような造り。ロッカー、トイレなども非常に綺麗でコースに出る前から良い気分にさせていただきました。

今回は『クローグリップでのパット』、『攻めるゴルフ』といった自分らしくないことをテーマに挑むため、スコア目標は特にたてないが、その中でも80台は最低限記録したいところ。

天気は当日暖かく風も比較的穏やかで、年に数回程度の最高のゴルフ日和。コース側に出向き、パターの練習でもしようと思ったが、クラブはまだ到着しておらず。。。一度クラブハウスに戻り、パターを持参。パター練習場でクローグリップを試しながら、グリーンが若干重いことを確認し、いざスタートです。

『ラウンド報告・総括』

10番ホール(359ヤード パー4)…左サイドにフェアウェイバンカー、その左に池が配置されたミドルホール。
①1Wで珍しい引っ掛け△。バンカー手前。
②残り164ヤード。8番アイアンで真っすぐもあたり薄く△、グリーン手前。
③残り32ヤード。58度のウェッジでピンまで4mに寄せる○。
2パットのボギー

11番ホール(320ヤード パー4)…右サイドOB、左サイドにはバンカーが配置された右ドッグレッグのミドルホール。
①5Wで真っすぐのナイスショット○、フェアウェイキープ。
②残り92ヤード。52度のウェッジで右へ△。
③64度のウェッジでナイスアプローチ○、ピンまで6m。
2パットのボギー

12番ホール(473ヤード パー5)…左サイドOBの短めのロングホール。
①1Wでナイスショット○。フェアウェイキープ。
②残り228ヤード。8番アイアンでレイアップ▲。
残り100ヤード。52度のウェッジで完璧なショット◎も、ピンの配置表を読み誤り、、、ピン12m手前
12mの1パット目を1.5mと寄せきれなかったが、2パット目を沈め、パー

13番ホール(175ヤードパー3)…手前にバンカー、風に左右されやすいショートホール。
この日はバックティーの距離。
①6番アイアンでまずまずショット▲も、左からの風に乗ってしまいグリーン右へ外れる。
②64度のウェッジで3mに寄せる○。
2パットのボギー

14番ホール(324ヤード パー4)…グリーン手前に大きな木々が立ちはだかり、右サイドにはバンカーが配置された戦略性があるミドルホール。
またもバックティーの距離から。
①5番アイアンで真っすぐのナイスショット○。フェアウェイキープ。
②残り119ヤード。PWでナイスショット○も、アゲンストを計算しきれず、ショート。
③58度のウェッジで7mに寄せる▲。
1パット目を2mオーバーするも、返しを沈め、ボギー

15番ホール(427ヤード パー4)…右サイドにバンカーが配置された距離の長いミドルホール。
3ホール連続でバックティーの距離。
①1Wでこすりスライス△で、距離を稼げず。。。
②残り225ヤード。苦手な5Wでややトップ気味のスライス。これが意外と距離を稼ぎ、グリーン横のバンカーまで運ぶ。
③バンカーからナイスアウト▲。ピンまで12m。
2パットのボギー

16番ホール(146ヤード パー3)…距離の短いショートホール。
またしても通常のレギュラーティーより長い。
①8番アイアンであたりの薄いショット△で手前。
PWであわやチップインの転がし◎で、10cmに寄せる
1パットのパー

17番ホール(511ヤード パー5)…左サイドOB、右サイドには林のロングホール。
バックティーの距離から。
1Wで今日一の当たり◎でフェアウェイキープ。飛距離は240ヤードと思っていたより飛んでなく、、、ちょっとショックを受ける
②残り263ヤード。7番アイアンで右へ△。
③PWでまたしても右へ△。
下りの難しいアプローチ。64度のウェッジで1mに寄せる◎
これを1パットで沈め、パー

18番ホール(338ヤード パー4)…フェアウェイの広いミドルホール。
ここもバックティーの距離から。。。
①1Wでまずまずのショット▲で、フェアウェイキープ。
②残り105ヤード。52度のウェッジで若干右へ▲流れるも、ピンまで12mにグリーンオン。
1パット目は1.5m残したが、それを沈め、2パットのパー

前半は『41』で終了。久し振りに大きなミスのないとっても楽なゴルフ。不安だったクローグリップのパットも決めるべき距離はきっちりと決まった。ティーショットは及第点、アイアンの調子が非常に悪くこのまま楽なゴルフが後半も続くとは思えない。後半は欲張らずボギープレーで良しとしよう。
なお、この記事を書くにあたり、レイアウトを見ながら気付いたのだが、4ホール目からは全てバックティーの距離だった。どおりで若干距離が長く感じた訳ですな。。。

さて、昼食をはさみ後半へ。

1番ホール(518ヤード パー5)…ティーショットの狙いどころが難しいロングホール。2打目付近に池が配置されている。
①1Wでやや右に行くもフェアウェイキープのまずまずのショット▲。
残り298ヤード。5番アイアンでナイスコントロールショット◎
③残り122ヤード。PWで本日お決まりの右へ△。
PWの転がしで1mに寄せる◎
きっちりと1パットで沈め、パー

2番ホール(365ヤード パー4 (バックティー距離))…左右に林があり、左の林はセカンドショットでスタイミーになりやすいミドルホール。
①1Wで左に捕まったショット△で林へ(250ヤード)。
残り128ヤード。林の中から低い球でグリーン方向が狙える状況。5番アイアンでイメージどおりの低い球◎。グリーンへ一直線だったが距離感は合わず、グリーンオーバー
③64度のウェッジでざっくり×。。。
④64度のウェッジでトップ×。。。
⑤パターでもショート△し、4m残す。
2パットのトリプルボギー

3番ホール(118ヤード パー3)…池越えのショートホール。
①PWでまたしても右へ△。
②58度のウェッジでトップ気味に入り△、ピンを8mオーバー。
1パット目を1m残したが、返しを沈め、2パットのボギー

4番ホール(374ヤード パー4)…250ヤード付近にクリークが流れる戦略性あるミドルホール。
1Wでほぼ完璧なショット◎。が、、、コースレイアウトで右サイドのクリークだけしか確認しておらず、中央を流れるクリークの手前のラフへ(252ヤード)
②残り120ヤード。クリーク脇には30cm程度の高さのネットが張ってあり、そのネットまで50cm程度しかなく最悪の状況。。。ぎりぎり越えれられるロフトの52度のウェッジを選択し、ナイスアウト○。
③残り30ヤード。64度のウェッジでざっくり×。。。
④ほぼ同じ位置からPWで転がすも▲、10mオーバー。
2パットのダブルボギー

5番ホール(338ヤード パー4)…距離の短いミドルホール。
①1Wでチョロ×。。。これがカート道をコロコロと転がり、左のラフへ。
②残り200ヤード。5番アイアンでやや左だったが、ナイスショット○。
③残り15ヤード。64度のウェッジでフワリと寄せる▲もカラー。
④パターで1mに寄せる○。
本日はこの1mを外さない。きっちりと1パットのボギー

6番ホール(315ヤード パー4)…ティーショット落下地点にバンカーが配置された距離の短いミドルホール。
①5番アイアンでやや薄いショット▲もフェアウェイど真ん中へ。
②残り138ヤード。9番アイアンでまずまずのショット▲もグリーン右手前。
PWで転がし、20cmに寄せる◎
1パットのOKパー

7番ホール(155ヤード パー3)…右グリーン手前に立木がはだかるショートホール。
①7番アイアンでトップ×し、右へ。OBまで5m程しかなかった。ぎりぎりに残りラッキー。
②64度のウェッジでナイスロブショット○。ピンまで3m。
2パットのボギー

8番ホール(379ヤード パー4 (バックティー距離))…フェアウェイが広々とした距離のあるミドルホール。
①1Wでまずまずのショット▲、右のラフへ。距離も飛んでいた。
②残り122ヤード。PWでまずまずのショット▲も、わずかに手前。
③PWで転がし▲、2.5mに寄せる。
2パットのボギー

9番ホール(515ヤード パー5)…右サイドOBのロングホール。
①1Wでナイスショット○でフェアウェイキープ。
②残り287ヤード。5番アイアンでナイスレイアップ○。
③残り111ヤード。PWでまずまず▲もグリーン手前。
④PWで転がすもトップ×し、ピンを10mオーバー。
2パットのボギー

後半は『46』で終了。アイアンの切れも戻らず、グリーン周りでざっくりやトップなどを連発し、不甲斐ない後半となった。ティーショットは前半に引き続き及第点、パットも前半に続き3パットもなく、微妙な距離のパットも全て決め、合格点を与えたい。

全体で『87』と、後半のアプローチのミスが非常に残念だったが、最低限のスコア目標はクリア。ティーショット、パットは合格点。アイアンは結局最後まで切れの悪いショットばかりであった。アプローチは後半からかなりひどく、次回ラウンドまでにどうにか修正したい。
テーマの『攻めのゴルフ』もドライバーを11回も使用してクリア、『クローグリップ』もショートパットだけにしようと思っていたが、ミドルパットでも距離感があうことがわかり、最後まで貫き通せた。

6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

ご清聴ありがとうございました!

大麻生ゴルフ場を楽天GORAで調べる

大麻生ゴルフ場をじゃらんで調べる

以降は自分の覚え書きです。

『テーマ』
・『クローグリップでのパット』
・『攻めるゴルフ』

『気付いたこと』
・ドライバーは力まなければ、そこまで曲がらない。
・『クローグリップ』は不安があるから、ストロークだけに集中でき、ヘッドアップも少なくなる。

『ティーショット』
・1Wはチョロが1回あったが、かなり良い出来であった(11回中7回は及第点のショット)。
・5Wは1度使用し、良いショット。
・5番アイアンの刻むショットは安定感抜群の方向性。
・ショートホールのアイアンは残念なレベル。
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

『セカンドショット』
・5番アイアンは非常に良かった。
・6番アイアン以降の番手は切れがなく、ほぼ右へのショットだったが、大きなミスには繋がらなかった。
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

『ウェッジ』
・フルショットの距離のショットは良くなかったが、及第点。
・グリーン周りのPWの転がしは前回に続き、良い距離感。
・後半からざっくり、トップを連発したのが残念。
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

『パット』
・ショートパットは決めるべき距離は全て決まった。
・決まらなかったミドルパットも良いストロークができていた。
・ロングパットの距離感は微妙だったが及第点。
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

最後まで、ご清聴ありがとうございました!


コメント

  1. 4軸構造 より:

    ナイス!・・・い~感じのラウンドですね(=^ェ^=)

    • にしごんにしごん より:

      コメントありがとうございます!
      後半は少し崩れましたが、前半はストレスのない、理想的なラウンドでした。

      今後とも宜しくお願い致します。