トーナメント開催コースの鳩山カントリークラブを攻略!ラウンド報告(2020-10-19)

2020年10月19日鳩山カントリークラブでのスコア画像です。ラウンド

2020年15度目のラウンドは『鳩山カントリークラブ』へ。

このコースは今年4月にコンペでラウンドする予定だったが、大雨によるクローズのため、ラウンドできなかったコース。今回は念願が叶い、お初のラウンドとなった。近年、トーナメントも開催されているコースで難易度が高いとの情報もあり、調子の悪い状況でどこまで踏ん張れるか心配だが。。。

ゴルフ場へ到着し、早速グリーンへ。お初のバミューダグリーンでのラウンドのため、久し振りにたっぷり練習しました。前評判では速いと噂に聞いていたが、練習グリーンでの印象はというと、確かに速いが、今まで経験したことのない速さでもないため、なんとかなりそう。前回のラウンドから練習場も行けてなく、ショットについては、出たとこ勝負で挑むこととなった。

当日はくもりで、午後から多少雨に降られたが、気になることもない雨であった。

今回のスコア目標は『100切り』テーマは『ゴルフを楽しむこと』として、気楽にラウンドに挑む。同伴者の『Jさん』とは2度目の直接対決。9月のコンペでは、別組だったが、18打差(『96』対『78』)と大きく負けてしまったため、一矢報いたい。

『ラウンド報告・総括』

OUT1番ホール(346ヤード パー4)…右サイドに池、セカンドが打ち上げになるミドルホール。
①1Wで、まずまず納得のショット○。朝一としては上出来のフェアウェイキープ。
②残り105ヤードのやや打ち上げ。PWでダフリ△。グリーン右手前のバンカーへ。
③前回のラウンドのバンカーでの大叩きがよぎる場面。。。58度のウェッジでホームラン!とまではいかなかった△が、グリーンを大きくオーバー。。。
④グリーン奥から64度のウェッジでピンを大きくオーバー△。
15mのファーストパットが微妙な距離の1.5mを残したが、返しを沈め、ダブルボギー

OUT2番ホール(146ヤード パー3)…バンカーに囲まれたショートホール。
①8番アイアンでハーフショット気味でまずまず▲のショットもグリーンに届かず、左手前10m。
②64度のウェッジで1.5mに寄せる○。
このアプロ―チを活かし、1パットのパー

OUT3番ホール(334ヤード パー4)…やや左ドッグレッグの距離の短いミドルホール。
①1Wで左へのショット▲。
②残り100ヤードだが、木が完全にスタイミーの状況。7番アイアンの低い球でナイスリカバリー▲。
③残り20ヤード。58度のウェッジでまずまず▲も、思ったより弱くピンまで7m。
1パット目を1.5mオーバーし、1.5mの下りのパットも入らず、1mオーバー。。。3パット目は何とか沈め。3パットのダブルボギー

OUT4番ホール(375ヤードパー4)…左サイドOBで距離のあるミドルホール。
①1Wでやや捕まったショット▲で、左のラフへ。
②残り148ヤード。7番アイアンでスライス△し、グリーン右のラフへ。
③左足下がりの難しいアプローチ。64度のウェッジでロブ気味のナイスアプローチ○で、ピンまで4mにつける。
1パット目を1mオーバーし、返しも外して、3パットのダブルボギー

OUT5番ホール(475ヤード パー5)…左サイドにOBが続く距離の短いロングホール。
①1Wでドローボール▲。左のラフへ。
②残り250ヤード。8番アイアンでレイアップ▲。
③残り100ヤード。52度のウェッジでシャンク×し、グリーン右手前のバンカーへ。
④バンカーから58度のウェッジで再びシャンク×、なんとかバンカーからは脱出。
PWの転がしで2mにナイスアプロ―チ◎
このアプローチを活かし、1パットのボギー

OUT6番ホール(340ヤード パー4)…フェアウェイ中央に木が立ちはだかる距離の短いミドルホール。
①1Wで左へ△、隣のホールまで突き抜ける。ティーショットでは、これが本日唯一の大きめのミス。
②隣のホールからPWでナイスリカバリー▲。
残り20ヤード。前のホールに続き、PWの転がしでナイスアプローチ◎。1.2mに寄せる
これを活かしきれず、2パットのボギー

OUT7番ホール(329ヤード パー4)…右サイドに大きな池がグリーンまで続き、右ドッグレッグの距離の短いミドルホール。
①1Wでややテンプラ気味のショット▲。右サイドのラフへ。
②残り112ヤードで、木がスタイミーの状況。PWで低い球でスライスを試みる。ラフからだったため、スライスしなかったが、球の高さは理想どおり○で、グリーン左サイド10mにナイスオン。
1パット目を1.5mと寄せきれず、3パットのボギー

OUT8番ホール(146ヤード パー3)…グリーン右サイドに3段の滝が流れる景観の良いショートホール。
①8番アイアンでスライス△。。。警戒していなかった池へぽちゃり。
③64度のウェッジでロブショットも深いラフに食われ、フェースが返って、左方向へ△。
ラフから58度のウェッジで1.5mにつけるナイスアプローチ◎
これをまたしても活かしきれず、2パットのトリプルボギー

OUT9番ホール(492ヤード パー5)…フェアウェイ右サイド沿いに池、グリーン手前にも大きな池が配置されたロングホール。
①1Wで捕まった良いショット○も、無意識に池を避けたようで、左サイドのラフへ。
②残り220ヤード。2オン狙いも考えたが、木を超える高さが出せるか微妙な状況だったため、安全策を取り、PWで右サイドにレイアップ○。
③残り128ヤードの打ち上げ7m。レイアップしたクラブより長い、、、9番アイアンで狙いどおりのフェードボール○。
ショット地点から見えず、やや大きいかなとグリーンに向かうと、ピンそば1.5mにナイスオン!
前半はこの距離が入っていなかったが、絶好のバーディーパット。プレッシャーに打ち勝ち、ナイスバーディー

前半は『47』で終了。出だしからティーショットだけは珍しく快調。しかし、それと引き換えにアイアンが絶不調。1m前後のパットも入ってなかった印象だったが、この記事を書いて振り返るとそこまで悪くなかったみたい。。。バーディー締めのオマケもあり、スコア目標の100切りに対して十分な貯金もゲットできた。あと、『Jさん』にも一打リード!

昼食休憩をはさみ、後半のスタートです。

IN10番ホール(413ヤード パー4)…距離があるミドルホール。
①1Wで左へのドロー▲で、ラフへ。
③残り199ヤード。5番アイアンで薄いショット△。
④残り30ヤード。58度のウェッジでピン手前8mに寄せる▲。
2パットのボギー

IN11番ホール(335ヤード パー4)…打ち上げのミドルホール。
①1Wでまたしてもドロー▲。左のラフへ。
②残り120ヤード。PWでへなちょこスライス△。
③グリーン右手前からバンカー越えの状況。64度のウェッジでロブショットを試みるもシャンク×。。。
④PWの転がしで4mに寄せる○。
1パット目を1mオーバーするも、返しを沈め、2パットのダブルボギー

IN12番ホール(175ヤード パー3)…谷越えで打ち上げている距離の長いショートホール。
①5番アイアンでダフる△も、予想外に距離は出ていた。。。
②残り25ヤードのバンカー越え。58度のウェッジでほぼ真横へのシャンク×。
③深いラフからPWの転がしで良いアプローチ○だったが、グリーンをオーバー。
④パターで寄らず△、ピンまで3m。
この3mのミドルパットを沈め、1パットのダブルボギー

IN13番ホール(501ヤード パー5)…やや右ドッグレッグのロングホール。
①1Wでやや左へ飛び出るドロー△で、ラフへ。
②残り276ヤード。7番アイアンでレイアップ▲。
③残り120ヤード。PWでダフる△。
④グリーン手前25ヤード。58度のウェッジで6mに寄せる▲。
2パットのボギー

IN14番ホール(349ヤード パー4)…右サイドにOBが続く、打ち下ろしのミドルホール。
①1Wで本日初の持ち球のフェードボール○で、フェアウェイキープ。
②残り90ヤード。52度のウェッジで薄いショット△。。。右手前のバンカーへ。
③バンカーから58度のウェッジでシャンク気味△も、グリーンオン。
まったく止まりそうもない10mの下りのファーストパットを3mショート。。。2パット目も下りが残り、触るだけのパット。これがカップへ吸い込まれ、2パットのボギー

IN15番ホール(391ヤード パー4)…打ち上げで右ドッグレッグの距離の長い難しいミドルホール。
①1Wで左に飛び出し△、木に当たり、ラフへ。
②残り220ヤード。5番アイアンでナイスショット○。
③残り55ヤード。58度のウェッジでシャンク×。。。
④58度のウェッジであまり寄らず△、ピンまで6mにグリーンオン。
1パット目を1.5m残すも、これをなんとか沈め、2パットのダブルボギー

IN16番ホール(425ヤード パー4)…打ち下ろしで距離の長いミドルホール。
1Wで今日一のナイスショット。持ち球のややフェードのショット◎でフェアウェイキープ
②残り152ヤード。7番アイアンのハーフショットでまずまずのショット▲。ピン手前10mにナイスオン。
ファーストパットを2mショートするも、2パット目を沈め、2パットのパー

IN17番ホール(131ヤード パー3)…グリーン手前から右サイドが池に囲まれた(Bグリーン時)ショートホール。
①9番アイアンでハーフショット気味でまずまず▲も、徐々にフェードして、池に近付いていく。。。なんとか持ちこたえ、ピン右横6mにナイスオン。
バーディーパットはラインに乗っていたが、10cmショートし、、、2パットのパー

IN18番ホール(495ヤード パー5)…グリーン手前右サイドに池が配置されたフラットなロングホール。
①1Wでそこそこのショット▲だったが、ど真っすぐのフェアウェイど真ん中。
②残り260ヤード。8番アイアンでハーフショットのレイアップ▲。
③残り139ヤード。8番アイアンでハーフショット。これが自身あまり経験したことのない感覚のショット△で左へ。グリーン手前20ヤード。
最後は本日調子の良いPWの転がしでのアプローチ。ピンまで1.5mに寄せる◎
このアプローチを活かし、1パットのパー

後半は『45』で終了。ティーショットは後半も最後まで乱れず、とても良かった。パットも前半に比べるときっちり入ってくれたので、安定したゴルフができた。結局、アイアンは調整しきれず、ハーフショットを多用して、何とか凌げた感じの後半となった。

全体で『92』と、前回のラウンドと比較して、スコアもそうだが、内容もだいぶ良くなってきた。ティーショットは今年一番の出来で、ショートホール以外はすべてドライバーを使用するといった(過去に記憶のない)ラウンドとなった。ただ、アイアンは今年一番悪かったのかもしれない。また、ラウンド中に5回もシャンクが出たのはおそらく初めてだったが、動揺せず、試行錯誤の末、乗り切れた点は評価したい。この難コースで、目標の100切りも楽々クリアし、満足の一日であった。
あっ、結局、『Jさん』との対決は、後半追いつかれ、ドローでした!

6段階自己評価
1完璧、2優良、●3良、4最低限、5悪、6最悪

ご清聴ありがとうございました!

鳩山カントリークラブを楽天GORAで調べる

鳩山カントリークラブをじゃらんゴルフで調べる

以降は自分の覚え書きです。

『テーマ』
・『ゴルフを楽しむこと!』

『気付いたこと』
・ティーショットの感覚を変えたらかなり良かったので、今後も継続していきたい。ただ、恐らくアイアンに影響があったので、そこの違いを練習で見つけたい。今回試してみた感覚は『バックスイングを担いだ状態で一旦区切り(極端に言うと、トップの位置から始動する。)、そこから体の正面でショットする!』
・ウェッジで高い球を狙うとシャンクするので、フェースを開くときはきっちりと左に振り抜くこと!

『ティーショット』
・1Wを14回も使い倒し、すべてのショットがほぼ許容範囲内で収まった。
・アイアンでのショットは当たりが薄く、悪かった。
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

『セカンドショット』
・大きなスライスもいくつかあり、とても悪かった。
・レイアップのショットやハーフショットはまずまずだった。
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

『ウェッジ』
・フルショットはやはり苦手意識が抜けきれず、練習が必要。
・バンカーショットは前回の悪いイメージを引きずり悪かった。
・グリーン周りからの寄せは、PWの転がしがとても良かった。
・グリーン周りが難しいコースだったので、高さを出したい場面が多く、シャンクが多発した。
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

『パット』
・ロングパットの距離感はいまいち。
・短いパットはまあまあ。
<パット分析>
※今回初めて分析してみたのですが、ショートパットは思ったより、決めていたみたいです。。。
・~1m(9/10)
・~2m(7/11)
・~3m(2/2)
・~5m(0/2)
・~10m(0/8)
・~15m(0/1)
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

最後まで、ご清聴ありがとうございました!

コメント