戦略的で難しいハーモニーヒルズゴルフクラブを攻略!ラウンド報告(2020-12-28)

2020年12月28日ハーモニーヒルズゴルフクラブでのスコア画像です。ラウンド

2020年19度目、年内最後のラウンドは『ハーモニーヒルズゴルフクラブ』へ。

このコースは先日予約していて急遽キャンセルしたコース。せっかくなので、再度予約して、2020年最後のラウンドとした。

当日の天候はこの時期にしてはさほど寒くなく絶好のコンディションでのラウンドとなった。コースは狭く、距離がないホールが多いが、グリーン周りに深いバンカーがあったり、アップダウン、ブラインドホールもあり、戦略性と方向性が必要。当日、グリーンはやや遅い印象だった。

今回のテーマは『ボールを捉えることに集中』としていたが、練習した時に気付きがあり、『バックスイングを深く取る』を加えて挑む。スコア目標はたてないが、連続3桁は回避したい。

『ラウンド報告・総括』

OUT1番ホール(531ヤード パー5)…左OB、右1ペナのやや打ち下ろしのロングホール。
①2Wでどこに飛んだかわからないショット△、落下地点に向かうと右サイドのラフ。
②残り270ヤード。8番アイアンでレイアップを選択し、まずまずのショット▲。
③残り148ヤード。8番アイアンでまずまずのショット▲で、手前15mにナイスオン。
ファーストパットを3mショートし、それも決まらず、3パットのボギー

OUT2番ホール(154ヤード パー3)…谷越えでグリーンが縦長のショートホール。
①8番アイアンでまずまずのショット▲もややショート。。。かと思われたが、手前でバウンドし、ピンへと一直線。『はいれ~』と叫んでみたが、ピンをオーバー、奥から4mのパットを残す。
ファーストパットは入らず、2パットのパー

OUT3番ホール(363ヤード パー4)…ティーショットが谷越えのミドルホール。
①2Wで引っ掛け△、左の傾斜に一直線も、フェアウェイまで転がり落ちるラッキー。
②残り150ヤード。7番アイアンでまずまずのショット▲、6mにナイスオン。
ファーストパットを1.5mオーバーするも、返しのパットを沈め、2パットのパー

OUT4番ホール(323ヤードパー4)…190ヤード付近からフェアウェイが狭くなるミドルホール。
①18度のアイアン型UTで、大きくダフり×、左の谷に転がり落ち、痛恨のOB。。。
④プレイング4から、残り137ヤード。8番アイアンでまたしてもダフり×、グリーン手前のバンカーへ。。。
⑤アゴの高いバンカー。58度のウェッジでややダフる△も、なんとか脱出し、手前のカラー。
⑥カラーから8m。パターで30cmに寄せる○。
1パットのトリプルボギー

OUT5番ホール(111ヤード パー3)…距離は短いが、手前は池、奥はOBとなっているショートホール。
①48度のウェッジでほぼ狙いどおりのショット○。ピン左3.5mにナイスオン!
同伴者が10m以上のバーディーパットを決めるも、動揺せず決め返し、1パットのバーディー

OUT6番ホール(333ヤード パー4)…セカンドショットで大きな木が立ちはだかる左ドッグレッグのミドルホール。
①5Wでやや右へのショット△、フェアウェイ右サイドに残る。
②残り110ヤード。大きな木が立ちはだかり、かなり高い球が必要な状況。48度のウェッジからPWに持ち替え、やや捕まったが高さは十分なまずまずのショット▲で、グリーン左手前へ。
③PWの転がしで、寄せきれず△、8m残す。
ファーストパットで1.5m残すも、それを沈め、2パットのボギー

OUT7番ホール(398ヤード パー5)…右ドッグレッグで距離のないロングホール。
①5Wでナイスショット○、フェアウェイキープ。
②残り159ヤード。グリーンが見えず、OBの崖を越えていく状況だが、アイアンで2オンが狙える絶好のチャンス。7番アイアンで力みも加わり、狙いより右に出て△、カサカサと林の中へ消えていく音。。。絶好の2オンチャンスを活かせず、OBです。。。
④同じく7番アイアンで無理せずグリーン左面を狙い、リラックスしたナイスショット○。ピンまで20m残すもグリーンオン。
下りのファーストパットで3m残し、返しも入らず、3パットのダブルボギー

OUT8番ホール(320ヤード パー4)…ティーショットは谷越えでプレッシャーのかかるミドルホール。
①5Wでトップ×し、谷を越えるのにわずかに届かず、またしてもOB。。。
④プレイング4から残り92ヤード。52度のウェッジでシャンク×し、グリーン右手前のバンカーへ。
⑤バンカーから58度のウェッジでダフリ×、バンカーから脱出できず。。。
⑥再び58度のウェッジでなんとか脱出▲し、カラーへ。
⑦パターで80cmに寄せる○。
1パットの『+4』

OUT9番ホール(345ヤード パー4)…グリーン手前に大きな池が配置されたミドルホール。
①5Wでやや引っ掛け△たが、思ったより左サイドが広く、フェアウェイキープ。
②残り118ヤード。48度のウェッジでナイスショット○、ピンへと向かっていったが、ややショート。
③カラー付近から5mの下りの距離。パターで寄せきれず1.5m残す▲。
2パットのボギー

前半は『47』で終了。前回のラウンド後半のまともにショットができない状態に比べれば大きな飛躍であったが、自分の持ち味でもある「OBを打たない」が発揮できず、前半だけでここ2年間における1ラウンドの最多OB数にならぶ、3つのOBを記録。また、アザーズ(トリプルボギーより悪いスコア)を2つも叩き、相変わらず安定感のない前半となった。パットもいまいちで、バーディーだけが見せ場に終わった。

昼食休憩をはさみ、後半のスタートです。

IN10番ホール(528ヤード パー5)…ややS字気味にドッグレッグしている打ち下ろしのロングホール。
①本日初の1W。やや捕まり▲、左のガードバンカーへ。
②バンカーから残り250ヤード、28ヤードの打ち下ろし。PWでクリーンにレイアップ○。
③残り116ヤード、左足下がりで運悪くディボット跡。PWでまずまずのショット▲も、15ヤードショート。
④PWの転がしで、2mに寄せる▲。
2パットのボギー

IN11番ホール(345ヤード パー4)…フェアウェイが狭く、グリーン手前にクリークが流れる難しいミドルホール。
①5Wでやや捕まったショット△で、左サイドの下の段のフェアウェイをキープ。
②残り128ヤード。9番アイアンで痛恨のトップ×、もちろんクリークへぽちゃり。。。
④58度のウェッジでナイスアプローチ○、2.5mに寄せる。
ファーストパットは良いパットだったが、カップをくるりと外れ、2パットのダブルボギー

IN12番ホール(143ヤード パー3)…プレッシャーを感じる谷越えのショートホール。
①8番アイアンでやや薄い当たり▲も、8mにナイスオン。
ファーストパットを30cmに寄せ、2パットのパー

IN13番ホール(385ヤード パー4)…打ち下ろしでティーショットの落下地点が非常に狭く難しいミドルホール。
①6番アイアンで広いフェアウェイにレイアップ▲し、フェアウェイキープ。
②残り196ヤード。5番アイアンで出だしから左へ×、、、これが運良く左サイドの木に跳ね返り、セーフ!
③48度のウェッジでややトップ気味△も、ピン奥7mにグリーンオン。
ファーストパットで1.5m残すも、2パットのボギー

IN14番ホール(460ヤード パー5)…左右OBで先がブラインドになっているロングホール。
①18度のアイアン型UTで、ややトップ気味▲も、かなり転がりフェアウェイの良い位置をキープ。
②残り235ヤード、20ヤード打ち上げ。7番アイアンでナイスレイアップ○。
③残り112ヤード、9ヤードの打ち上げ。9番アイアンで左に捕まり△、グリーン左の深いバンカーへ。
④バンカーから58度のウェッジでダフり×、ほぼ同じ位置へ。
⑤再度バンカーから、今度はトップ×し、あごに跳ね返され、ほぼ同じ位置へ。
⑥みたびバンカーから、クラブを52度のウェッジに持ち替え、思い切りダフらせるショット△、なんとか脱出し、ピンまで8mに乗せる。
ファーストパットで1.2m残し、これも入らず、3パットの『+4』

IN15番ホール(368ヤード パー4)…谷越えのショートホール。
①1Wで左へドロー△するも、左の木にあたり、ラッキーにもフェアウェイへ。
残り170ヤード。届かないクラブ選択だったが、7番アイアンでほぼ完璧なショット◎も、手前20mに乗っただけ
ファーストパットで6m残し、3パットのボギー

IN16番ホール(387ヤード パー4)…左サイド230ヤード付近に池が配置され、距離もある難しいミドルホール。
①5Wで左へ大きくフック△し、OBも覚悟したが、落下地点へ着くと、左サイドは大きく開けており、ラフにとどまった。
②残り157ヤード。7番アイアンでナイスショット○、10mにナイスオン。
ファーストパットをまたしても寄せきれず、4m残し。セカンドパットも1m残したが、それは何とか沈め、3パットのボギー

IN17番ホール(130ヤード パー3)…手前のバンカーからグリーンまでの距離が離れており、距離の錯覚に陥りやすいショートホール。
①PWで右へプッシュアウト△。
②58度のウェッジでざっくり×。
③PWの転がしで、3mに寄せる▲。
2パットのダブルボギー

IN18番ホール(325ヤード パー4)…左サイドにバンカー、池、右サイドは斜面になっているミドルホール。
「ティーショット前にスコアを確認。。。」、ボギーであがれば、「96」と『100切り』はもう大丈夫と一安心。のつもりだったが、これが『最大の誤算』。。。
①18度のアイアン型UTで、右へのプッシュアウト×、斜面へ。
②斜面から残り143ヤード、池越え、大きくつま先上がり。8番アイアンでグリーンを狙うか、レイアップするか悩んだ末に58度のウェッジでフェアウェイにレイアップ○。ここまでは良かったのかもしれない。。。
③残り100ヤード。48度のウェッジでピンを狙うも、捕まり過ぎて△、池へ。
⑤残り45ヤードの池越え。58度のウェッジでわずかに池を越えず△。。。
⑦再度、58度のウェッジで池を越えたが△、バックスピンなのか、傾斜にあたったのか不明だが、戻って池に。。。
⑨PWの転がしで、2mに寄せる○。
最後は1パットで沈めるも、時すでに遅し、『+6』

後半は『54』で終了。後半はOBこそなかったが、バンカーでの砂遊び、池ポチャ3連発とアザーズを2つ叩き、さらにはロングパットの距離感も滅茶苦茶で、大崩れのスコアとなった。

全体で『101』と、前回のラウンドとスコアは同じではあったが、内容はだいぶ上向きにはなったと感じた。ただ、安定感がまったく足りていない部分はそのままなので、来年の課題のひとつとしたい。

6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

ご清聴ありがとうございました!

ハーモニーヒルズゴルフクラブを楽天GORAで調べる

ハーモニーヒルズゴルフクラブをじゃらんゴルフで調べる

以降は自分の覚え書きです。

『テーマ』
・『ボールを捉えることに集中』&『バックスイングを深く取る』。
⇒このテーマのおかげなのかわからないが、ショットは少し上向きになったと感じた。

『気付いたこと』
・なし。

『ティーショット』
・1Wはほとんど使用せず評価できず。
・5Wは駄目な一日だった。
・18度のアイアン型UTもあまり良くはなかったが、しばらくバッグに入れておこうと思った。
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

『セカンドショット』
・まずまずのショットが打てていたと感じた。
・パー5の2オンのチャンスのセカンドショットで思い切り力み、OBになったのは大反省!
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

『ウェッジ』
・フルショットは良くも悪くもなかった。
・距離感が全くあわずに池ポチャ3連発を喫した。
・グリーン周りからの寄せはミスもあったが、まあこんなものかと。
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、●5悪、6最悪

『パット』
・ロングパットの距離感が非常に悪かった。
・短いパットも良くなかった。
・唯一の救いはバーディーパットが入ってくれたことだけ。
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、●5悪、6最悪

最後まで、ご清聴ありがとうございました!

コメント