相性の良い河川敷コースの吉見ゴルフ場を攻略!ラウンド報告(2021-04-18)

2021年4月18日吉見ゴルフ場でのスコア画像です。ラウンド

2021年の6度目のラウンドは『吉見ゴルフ場』へ。

このゴルフ場は家からも近く一時期は良くラウンドしていたコースだが、今回は約2年半振りのラウンドであった。また、ここはとても縁があるコースで、ベストスコアを記録したコースにとどまらず、人生で唯一のホールインワンを達成したコースでもあります。なお、過去9回の平均スコアも『87.6』と、とても相性が良く、当然スコアへの期待は高まります。

当日の天候は晴れだったが、風が吹き荒れ、この河川敷のコースにとっては致命的なコンディション。
自身の状況は、10日程前から首痛が酷く、2~3日前からやっと寝違え程度の痛みまで回復できた状態。その影響で、練習はおろか日課である素振りやパター練習も自粛して回復に努めたといった感じなので、スコアはまったく期待できない。。。

そんな状況のため、今回は、テーマもスコア目標も『なし』。
スコア願望としては、相性の良さを利用して、今年初の80台が出ちゃったりしてくれれば良いなぁ。といった感じです。

ゴルフ場までは久し振りに1人で行けたので、約2時間前に到着し、アプローチ練習場の隅で、ひたすら素振り(少しネットに向かって打っちゃったり)して、スイング中に首に違和感が少ないことを確認(ロキソニンはやっぱり効きますね)。パター練習はほどほどに済ませ、やや遅めの印象を実感した。

なお、今回は中学の同級生でのコンペ。コロナ禍の影響でコンペは久し振りなので、充分楽しみたい。

『ラウンド報告・総括』

中コース1番ホール(462ヤード パー5)…やや左ドッグレッグで両サイドが1ペナのロングホール。
①1Wでアゲンストの風に乗る右への大きなスライス△、右の林の中へ。
②林の中から5番アイアンの低い球でナイスアウト▲。
③残り204ヤード。5番アイアンでナイスショット○だったが、アゲンストの風で戻される。
④残り50ヤード。58度のウェッジでざっくり×。。。
⑤ほぼ同じ位置から58度のウェッジでわずかに届かず、グリーンに乗らず△。
⑥PWの転がしで80cmに寄せる○。
1パットのダブルボギー

中コース2番ホール(318ヤード パー4)…左ドッグレッグでグリーンの見えないミドルホール。
①5Wで大きくダフり×、左の空池へ。
②空池で茎のようなものが多い悪いライからPWでナイスリカバリ○。
③残り126ヤード。9番アイアンでまずまずのショット▲も、風に戻されグリーン手前。
④残り15ヤード。PWの転がしで1mに寄せる○。
下りの1mのパットだったが、きっちり沈め、1パットのボギー

中コース3番ホール(140ヤード パー3)…ティーイングエリアのすぐ先に池が配置されたショートホール。
①フォローの風を考慮し、PWを選択。やや捕まり△、ピン左サイド8mにグリーンオン。
ファーストパットで1m残すも、2パットのパー

中コース4番ホール(471ヤード パー4)…クリーク越えの左ドッグレッグのロングホール。
①かなりのアゲンスト。左の大きな木を越えるショートカットを狙っていたが、1Wでスライス△し、フェアウェイへ。
②距離を欲張ろうと5番アイアンで力が入り、左へ大きく捕まりOB。
④7番アイアンでナイスレイアップ○。
⑤PWでナイスショット○、1.5mにナイスオン。
ファーストパットをショートさせ、2パットのダブルボギー

中コース5番ホール(137ヤード パー3)…ティーイングエリア正面にクリークが横切るショートホール。
①ややフォロー。9番アイアンでやや薄いショット△、グリーンに届かず。
②残り15ヤード。PWの転がしで1mに寄せる▲。
1パットのパー

中コース6番ホール(474ヤード パー5)…右ドッグレッグで左サイドはOBが続くロングホール。
①1Wでやや右に出るも▲、フェアウェイ右サイドをキープ。
②残り220ヤード。ややフォローのため、18度のアイアン型UTでグリーンを狙うも、大ダフリ×。
③残り157ヤード。8番アイアンでナイスショット○。ピン左7mにナイスオン。
2パットのパー

中コース7番ホール(125ヤード パー3)…左右のグリーンで難易度が大きく異なるショートホール。
過去にホールインワンを記録したホール。本日もその時と同じ左グリーン。
①アゲンストのため、9番アイアンを選択。感覚的にはナイスショット○も風に大きく戻される。。。
②58度のウェッジでわずかにグリーンに届かず△。
③PWの転がしで50cmに寄せる○。
1パットのボギー

中コース8番ホール(311ヤード パー4)…距離の短いサービスミドル。
①5Wでナイスショット○、フェアウェイキープ。
②残り104ヤード。52度のウェッジでまずまずのショット▲も、アゲンストに戻されグリーン手前の花道へ。
③残り15ヤード。PWの転がしで50cmにナイスアプローチ○。
1パットのパー

中コース9番ホール(387ヤード パー4)…距離が長く左サイドに池が配置された難易度が高いミドルホール。
①1Wでナイスショット○。フェアウェイはキープするも、フォローの恩恵を受けず。。。
②残り123ヤード。48度のウェッジでトップ×し、大きくグリーン右へ。
③残り25ヤード。エッジからピンまで距離もなく難しいアプローチ。58度のウェッジでややオーバーするもまずまずの寄せ▲で、ピンまで5m。
2パットのボギー

前半は『43』で終了。ショットは相変わらず不調のままだったが、アプローチとパターで何とかカバーできた印象。風が時間が経つごとに強まってきており、後半はさらに難しい状況になると想定されるが、今年初めての80台も現実的なので、頑張りたい。

東コース1番ホール(474ヤード パー5)…右サイドにOBが続く距離の短いロングホール。
①1Wでまずまずのショット▲で左サイドのラフへ。
②残り200ヤード。ややフォローのため、5番アイアンでグリーンを狙う。この状況は大抵ダフリやトップになるのだが、珍しくまずまずのショット▲。グリーンには届かなかったが、手前の花道へ。
③残り15ヤード。エッジからピンまで距離がなく悩んだ末にPWを選択。ラフにワンクッションさせ、2mに寄せる▲。
絶好のバーディパットも入らず、2パットのパー

東コース2番ホール(152ヤード パー3)…やや距離のあるショートホール。
①強烈なアゲンスト。6番アイアンで弱々しいショット△。もちろん大きく風に戻される。
②残り30ヤード。58度のウェッジでやや手前から入り大きくショート△。グリーンに乗らず。
③PWの転がしのアプローチも5mショート△。
2パットのダブルボギー

東コース3番ホール(310ヤード パー4)…ティーイングエリアから約230ヤード付近に空池(無罰)が横切るミドルホール。
①1Wで大きなスライス△、林の中へ吸い込まれる。
②残り131ヤードで木がスタイミーになり低い球が必要。5番アイアンでややダフる△。
③残り75ヤード。52度のウェッジでまずまずのショット▲もグリーンに届かず。
④残り15ヤード。PWの転がしであまり良くなかった△が、1.5mに寄る。
2パットのダブルボギー

東コース4番ホール(375ヤード パー4)…右サイドの隠れた位置に池が配置されたミドルホール。
①1Wでまずまずのショット▲で、フェアウェイキープ。
②残り110ヤード。48度のウェッジでやや捕まり△、グリーン左サイドへ。
③残り15ヤード。PWであまり寄らず△、3m残る。
ファーストパットで1mオーバーし、返しはショート。。。3パットのダブルボギー

東コース5番ホール(126ヤード パー3)…左サイド手前に池のある距離の短いショートホール。
①強烈なフォロー。48度のウェッジでナイスショット○も、フォローに乗らず、グリーン手前へ。
②残り8ヤード。パターでピンを2mショート△。
これをなんとか沈め、1パットのパー

東コース6番ホール(331ヤード パー4)…右サイドにOBが続くフェアウェイの広いミドルホール。
①強烈なアゲンスト。1Wでまずまずのショット▲でフェアウェイをキープしたが、風に戻され全く飛ばず。。。
②残り155ヤード。6番アイアンで大ダフり×。
③残り52ヤード。58度のウェッジでナイスオン○。ピンまで5m。
ファーストパットで1m残すも、返しを沈め、2パットのボギー

東コース7番ホール(487ヤード パー5)…右サイドにOBが続き、左サイドは1ペナでフェアウェイも非常に狭く、さらにはグリーン近くには左サイドに池が配置された難しいロングホール。
①18度のアイアン型UTで絶対に避けていた右サイドへのOB△。
④プレイング4から再度、18度のアイアン型UTでナイスショット○。
⑤残り60ヤード。58度のウェッジでまずまずのショット▲も風に戻され、大きくショート。
⑥残り15ヤード。傾斜があり難しい状況だったが、PWでナイスアプローチ○。1.5mに寄せる。
これを生かせず、2パットのトリプルボギー

東コース8番ホール(143ヤード パー3)…風の吹き抜けるショートホール。
①左からのアゲンスト。7番アイアンでトップ×し、大きく右へ。
②残り40ヤード。ベアグラウンドでとても難しい状況だったが、PWでうまくクッションを使いグリーンに乗せる▲。ピンまでは7m。
ファーストパットを2mショートし、そのパットを1.5mオーバー。。。4パットもありえたが、なんとかこれを沈め、3パットのダブルボギー

東コース9番ホール(476ヤード パー5)…グリーンまで左右に池が点在している難しいロングホール。
①1Wでプッシュスライス×、右の林の中へ。運良く1ペナまでは行かず。
②林の中から低い球でフェアウェイに戻そうと、7番アイアンの低い球をイメージするも、痛恨のチョロ×。。。これがなんとカート道ではねて、フェアウェイまで転がるラッキーショット。
③残り113ヤード。PWでまずまずのショット▲でグリーンオン。ピンまで15m。
ファーストパットをなんと5mショート。。。3パットのボギー

後半は『49』で終了。前半にも増して、強風が吹き荒れ、難しい状況であったが、そもそもショットが悪く、さらにはパットも入らずと、スコアに反映された。

全体では『92』と、何とか相性の良さ?のおかげもあり、2021年のベストスコアを記録できた。内容的にはかなり不満だらけで、掴めたものもあまりなかったので、連続ラウンドとなる明日のスコアが心配。。。

6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、5悪、6最悪

ご清聴ありがとうございました!

吉見ゴルフ場を楽天GORAで調べる

吉見ゴルフ場をじゃらんゴルフで調べる

以降は自分の覚え書きです。

『テーマ』
・『なし』。

『気付いたこと』
・『なし』。

『ティーショット』
・1Wはほとんどがスライスで風に戻され、良いショットはなかったが、ぶれ幅は比較的少なく最近にしてはまずまず。
(○1、▲4、△3、×1)
・5Wは早々にダフったこともあり、1度きりの使用。
(×1)
・18度のアイアン型UTはOBがあったが、きっちりと芯を捉えて良い感じだった。
(○2、△1)
・ショートホールのアイアンは風の読みが合わない点はあったものの及第点。
(○2、△3、×1)
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、●4最低限、5悪、6最悪

『セカンドショット』
・18度のアイアン型UTで2オンを狙ったが、お決まりの大ダフり。
(×1)
・5番アイアンは捕まりすぎてOBが1度あったが、他のショットは比較的良かった。
(○1、▲2、△1、×1)
・6~9番アイアンは良いショットもあったが、許容範囲を超えた悪いショットがあり、安定感が足りない。
(○2、▲1、×2)
6段階自己評価
1完璧、2優良、3良、4最低限、●5悪、6最悪

『ウェッジ』
・フルショットは良いショットもいくつか見られたが、最悪のショットも見られアイアン同様に安定感がない。
(○3、▲3、△2、×2)
・PWの転がしは、とても良かった。
(○5、▲3、△3)
・58度のウェッジはまあまあ。
(▲2、△2)
6段階自己評価
1完璧、2優良、●3良、4最低限、5悪、6最悪

『パット』
・ロングパットをショートすることが多かったが、許容範囲内。
・ショートパットをショートすることがあり、前回に続き、やってはいけないミスをした。
<パット分析>
※前回に続き分析。
・~1m(16/17)
・~2m(2/7)
・~3m(0/1)
・~5m(0/4)
・~10m(0/3)
・~15m(0/1)
6段階自己評価
1完璧、2優良、●3良、4最低限、5悪、6最悪

最後まで、ご清聴ありがとうございました!

コメント