コース紹介(埼玉国際ゴルフ倶楽部) 戦略性に溢れ感性が試されるコースを徹底解説。

コースのイメージ画像です。コース紹介

ティーイングエリアからグリーンがブラインドになっているホールが多く、戦略性に溢れ、感性を必要とされる『埼玉国際ゴルフ倶楽部』のご紹介です。

平日コンペの特典として先着1コンペ限定ですが、12名以上20名まで、埼玉・東京の関越自動車道沿線であれば、高速料金のみの負担でバス送迎してくれます。利用した時に条件にあてはまったようで、わたくし自身、送迎バス初体験のゴルフとなりました。行きも帰りも運転がないととっても楽ですね。

コースはアップダウンのある山岳コースになっており、ブラインドホールが結構多かったので、初めてラウンドするには難しいです。ただ、フェアウェイが広いホールもいくつかありました。距離は短いので方向性に自信があり、マネジメントが上手い方は良いスコアも出るのかなと思います。なお、南コースはスタートホールまでひと山越えるぐらい、遠いので、スタート時間の10分前ぐらいに前に向かう必要があります。暑い時期だったので、向かっている間に一汗かいてしまいました。。。

実際にラウンドしてみて特徴的なホールと攻略方法をご紹介します。
※南コースをラウンドしたので、更新しました。(2020/9/8追記)

東コース1番ホール(486ヤード パー5)
グリーンが見えないやや右ドッグレッグで打下しのロングホール。
ティーショットは右サイドのOBが近いため、左サイドにティーショットするのがベストルート。飛距離の出る方はドライバーだと左足下がりのライまで飛んでしまうので、230ヤード付近を目安に刻むのが安全策。
セカンドショットはかなり打ち下ろしており、距離的には届いても、グリーン奥のOBがかなり近いため、手前がベスト。

東コース2番ホール(363ヤード パー4)
左サイドのOBが近く、ロングヒッターは、270ヤード付近にある左サイドの池が気になるミドルホール。
ティーショットは左サイドのOBラインが浅いため、右サイドの傾斜狙い。ラフが深い季節は落ちてこない可能性もあるが、良しとしよう。
セカンドショットはやや打ち上げで砲台グリーンのため、感覚よりやや大きめのクラブで攻めよう。
個人的にはボギーで十分な苦手なホール。

東コース4番ホール(147ヤード パー3)
打下しのショートホール。
左サイドのOBが近いため、グリーンとサブグリーンの中央方面に攻める。打ち下ろし分は1クラブ下のクラブで良し。

東コース5番ホール(284ヤード パー4)
距離はないが、グリーン手前に大きなバンカーが配置されたミドルホール。
グリーン手前にバンカーが配置されているため、セカンドショットで得意な距離を残すティーショットで攻める。チャンスホールなので、しっかりとしたマネジメントを!

東コース9番ホール(399ヤード パー5)
距離はないが、全体的に打上げになっているロングホール。
ティーショットは右サイドOBが近いため、左サイドのフェアウェイ狙いで攻める。セカンドショットは見た目より打上げているため、2番手ぐらい大き目のクラブでグリーンを狙っていこう。グリーン手前にはバンカーや大きな木も配置されているため、距離がぎりぎりの場合はレイアップの方が安全策。身の丈にあったマネジメントを!

西コース1番ホール(147ヤード パー3)
右サイドに池が配置されたショートホール。
右サイドの池はあまり気にならないが、ショートホールのスタートなので、まずは方向性を重視して手前から。奥に付けるとグリーンの傾斜がきついため、アプローチが難しい。

西コース5番ホール(309ヤード パー4)
左ドッグレッグで距離のないブラインドのミドルホール。
ティーショットはショートカットを欲張らず、フェアウェイ中央にしっかりと刻むこと。グリーンは横長でかなり大きいので、ピンの逆サイドに乗せた場合は3パットも仕方なし。

西コース6番ホール(289ヤード パー4)
ワンオンも狙えるミドルホール。グリーン周りはバンカーに囲まれ、グリーンは左右の2段グリーンになっているため、注意が必要。
ティーショットはドライバーが得意な方はワンオンにチャレンジするのもありだが、自分の得意距離を残すティーショットが得策。セカンドショットはピンの位置している面に乗せたいところだが、右サイドにピンが切られている場合は、右サイドのOBが近いため、センターを狙っていこう。

西コース9番ホール(468ヤード パー5)
ブラインドがどこまでも続き、グリーンがなかなか見えないロングホール。
ティーショットは欲張っても仕方がないので、自信のあるクラブで右サイドの斜面に沿って打つ。
セカンドショットは届きそうな距離でもグリーンは見えないため、残り100ヤード付近の的付近に確実にレイアップする。
グリーンを狙うショットは左サイドのグラスバンカーが大きなトラブルを誘発するため、右サイド手前から攻めることを徹底する。

南コース3番ホール(336ヤード パー4)
右ドッグレッグでグリーンの見えないブラインドのミドルホール。
ティーショットの選択肢はひとつ。200ヤード付近のフェアウェイにレイアップしよう!
欲張ってグリーン方向にショートカットすると、うねうねとしたラフからのセカンドになるため、注意。
レイアップが成功すれば、セカンドショットはショートアイアンもしくはウェッジでグリーンを狙えるサービスホールに様変わりする。

南コース8番ホール(469ヤード パー5)
ブラインドホールでセカンドショットは大きく打ち下ろしている短いロングホール。
ティーショットはフェアウェイが狭く、グリーンも見えないため、やや右サイドを狙って力まず打とう。
フェアウェイをキープできたら、2オン狙いも可能。打ち下ろしのため、1クラブ短めのクラブでグリーン右サイドを狙っていこう。
セカンドショットをレイアップしても距離は残らないため、ティーショットが成功すれば、サービスホールと言えよう。

南コース9番ホール(153ヤード パー3)
グリーン手前は池、周りをOBに囲まれた難しいショートホール。
見た目からプレッシャーを感じるティーショットのため、あまり欲張らずグリーンの左サイドぎりぎりを狙おう。
手前が池、奥もOBのため、ここは左サイドからの寄せワンでパーが拾えたら、ラッキーと考えよう!

他の情報は以下のとおり。

・ドライビングレンジも併設されているようです。

・カートにナビが付いており、ホールのレイアウトはおおよそ把握できます。また、スコア入力機能もあり、コンペではリーダーボードで順位がわかるので、盛り上がること間違いなしです。

『私目土します』プランという企画があり(2020年7月時点)、参加されますと、以下の特典があります。
①平日1.5Rのうち、割増し分の最後のハーフ(0.5R)が無料でラウンドできます。
②ご希望の方にオリジナルグリーンフォークがプレゼントされます。

・宿泊施設も併設されているため、練習ラウンド→宿泊→本ラウンドといったゴルフ漬けのプランも可能です。

・コンペだったからかもしれませんが、帰りの精算の際に全員にお土産が配られました。
(2度目のコンペではお土産はありませんでした。)

・コストパフォーマンスはまずまずです。

・アクセスは関越自動車道『本庄IC』から約17km(25分)とインターからは結構遠いです。

ご清聴ありがとうございました!

埼玉国際ゴルフ倶楽部を楽天GORAで調べる

埼玉国際ゴルフ倶楽部をじゃらんゴルフで調べる



コメント